甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

〔ピアノ・エレピ〕最高!フリーVSTi 4Front piano/e-piano

f:id:htmusmaker:20160921035218j:plain

 

 

 

 

パラメーター無しっ!「4front piano・e-piano」 

 

windows(32/64bit)とMac対応。

フォーマットはVST

 

 

4FrontのフリーVSTiピアノ音源とエレピ音源です。

 


パラメーターが無いという制限?が あるものの、

かなりキレイな音色をしておりまして、

複雑なクセも無く、魅力が高いです。

 

 

 

印象っ!

 

両方ともヌケの良さと言いますか、

クリアさ?生っぽさが良い感じ。

 

ただ、ピアノに関しては

グランド系では無いみたい?

 

アップライトなんだとか。

 

 

ダウンロードサイトにはmp3デモも用意されておりまして、

試聴することが出来ます。

 

ものっそいキレイ♪

 

 

 

ピアノ版について。

 

バーブが すでについてる。

 

アップライト系のピアノのようです。

 

 

 

 

エレピ版について。

 

キラキラしててクール♪

 

DX7系なんだとか。

(ただDexedにはプリセットに こういう音色は無かった)

 

けっこうツンツン系。

 

深めの鳴りの音色ですから

この深さを活かせる曲調、

または隙間のある楽曲が良さそう。

 

 

個人的にはデモの影響もあり、

バラード類の ゆるめなテンポの中で

使って活きたいなと思っていたり。

 

 

 

使い心地。実際に打ち込んでみて。


演奏してこそって感じの音源ですね。

 


つまりMIDIキーボードでの入力。


ボクはキーボード弾けないので

はじめは困ってましたが

どうにかして、それっぽくなるよう やってます。

 

 

音色のリアルさと言いますか、粒立ちと言いますか、

機械っぽさを感じないと言いますか

 

そんな音源ですので、

 

そこを無駄にしないよう打ち込まないと、

いっぺんにチャチなモノとなってしまいます。

 

いわゆるピアノらしい表情作りが求められるってわけですね。

 

なかなか

フリーというにはレベル高めな音源ではないでしょうか。

 

 

これ、ベロシティレイヤーなるものは

何段階なんでしょう?

 

フリーグランドピアノ最重の

Salamander Piano」は16段階で

容量は800MB以上(圧縮時)、音色は一つなので

 

それで考えると、

そんなに多めではない?

 


しかしそれでも公式の方のデモの

色彩豊かとも取れるエレピ演奏やらを思えば

響きを聞かせたいタイプの曲調には

 

ぜひとも使いたい音源に入ってくる類ではないでしょうか?

 

 

 

印象。

 

少々薄い気がします。

 

低域がカットされてる?

 

鳴らしようによってはスカスカにも感じる?

(ピアノの場合)

 

 

どちらにしても

他の楽器類の低域を避けることは出来るはず。

 

アタックが落ちるほどの残念な低域処理では無いと思いますので。

 

ピアノに関しては

アップライトというのもあって深みがより薄く、

いっそう そんな印象を持ちやすいかもしれません。

 

 

アップライトの使いどころって

どんな場面なんでしょうね。

 

 

エレピの方は何となくイメージ出来そうな気はするんですが

こっちはちょっと分かりません。

 

一般的なピアノとして扱ってると

悪目立ちすることに気づくと思いますので

専門分野があるのでしょう。

 

 

ジャーンと弾き流すよりかは

ジャジャッと奏でるバッキングで聞かせた方が

馴染むのかなぁ?

 

 

「アタックはある」って程度に

低域が残ってる印象なので、

 

パーカッシブに手数でいった方が

欠点になってる(と思う)薄さをカバー、

むしろ活かすことができるはずっ。

 

 

バラードで使うには…

問題ないのかもしれませんけど、

楽器構成次第な面も大きそうですし、

 

やるにしてもカントリーだとか、酒場感のある曲調の方が

よっぽど音色イメージに合いそうかなぁ。

 

 

 

最後に。試したもの。

 

ちょっと頑張って打ち込んでみましたっ!

 

〈この動画の目次〉

 
・Piano (9.0)

・E-piano (20.0)

・Piano(単) (33.0)

・E-piano(単) (44.0)

 


4front

 

 
前半はピアノの方を
後半はエレピの方を使ってます。

(studio one側で鳴らしてます。)

 

 

手数でいっても残りますね。

埋もれません。

 

 

あんまり…というか全く

ピアノ演奏は得意じゃないんですが、

こういう傾向の曲を作る時とかには頼もしそうです。

 

 

ただ、やっぱり弾き流しとか

手数の少ない演奏の場合には向いてませんね。

 

この動画とは別に、そういうのも試したんですが、

まったく合いませんでした。

 

特にピアノに関しては、

変な浮き方してる印象でしたね。

 

 

あと、両方に共通する点だと思うのですが

バーブは深いわりに、

胴鳴りは あまり もたない感じでした。

 

 


以上です。

 


それでは。


良いDTMライフを♪

 

 

<関連記事>