読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

〔ドラム〕製品VSTiプラグイン「EZdrummer2」

DTM 音源

f:id:htmusmaker:20160913172701j:plain

 

 

 

 

これさえ あれば 安心「EZdrummer2」

 

windows(32/64bit)とMac 両方に対応。

winはVSTRTASとAAX

macVSTRTASとAAXとAUが使える。

 


ドラムといえば、
「キットごとに細かく処理が必要」っていうイメージがありますが、

 

このEZシリーズは、そのイメージをポーンってな具合に崩します。

 


まず何がスゴイって、

「すぐに使える」って ところです。

 

特に何もしなくて良い。

 

 

そう、EZならね。←

 

 

 

「簡単だからEZ」

 

使えば使うほどに実感させられるのは何か。

 

そう、イージーです

 

 

EZはイージーから来てるんだよと

夢の中のお婆ちゃんが言ってた気がするっ♪←純粋な目。

 

 

とにかく、「簡単」に重点を置いたシリーズです。

 

 

 

どんな人に向いてるかっ!

 

 

もちろん、

「初心者」さんですっ。

 

なぜかと言う理由も これまた簡単っ。

 

 

たとえば、ボクのケースで言わせていただきますと

 

ボクは ただのクルクルパー…←

ああ、いやいや、

 

その道に詳しいエンジニアさんほど知識も能力も何も

ひとっっつも、持っていない

 

いわゆる初心者です。

 

 

最近でこそ いろいろ勉強した成果的なサムシングが出てきて

ちょっと小生意気なことも出来るようになってきたと思うのですが

 

それでも まだまだ初心者です。

 

 

いやぁ、世の中まだまだ広いですからなっ♪

 

 

……あれっ?

何の話してたっけ?←話の途中で自分の言ってたこと忘れる人。

 

 

とにかくボクはクルクル…間違えた、

初心者なので、

 

やたら凝った操作とか

そういう意味で自由度の高いソフトを前にすると、

オモチャみたいな音にしか出来ません…。

 

 

このドラム音源の中で最高と言われている(と思う)ソフト

「Addictive Drums」「BFD」

 

ちゃんと使えなければ

チャチな音になってしまうと言われているように…。

 

定番ドラム音源◆XLN Audio Addictive Drums 2 ADPAK 3点収録 バンドルセット◆並行輸入品ノンパッケージ/ダウンロード形式

FXpansion / エフエックスパンジョン BFD3 USB版 ドラム音源 〔国内正規品〕

 

 

しかし、

EZdrummerでは そんなことありませんっ。

 

手軽にすぐ、誰にでも

ドラマーさんが そこで叩いてくれてるかのような

 

そんな演奏をしてくれるのです。

 

 

全てが簡単。 

 

 

そう、EZならね。←

 

 

 

EZdrummer2の印象。

 

音の印象についてですが、

わりとパターンがありまして、

全て記事内で触れるのは厳しいです…。

 

最近書いた この記事の最初~中盤あたりでも

参考にしてくだされば幸いです…。

役目から考えてみると音色ごとの特徴から

最適なセットを選べるんじゃないかとっ!

 

 

で、ここからはトータルで見た場合での印象なのですが

大半に共通して、EZdの音色って

けっこう鳴りが深い感じがします。

 

残るんですよね。

 

 

それが、一種の空間を感じさせ、

生っぽく聞こえるようにしてるポイントの

一つなのかもしれませんが

 

バーブとかによるものなら、

曲に合わせて切ったり抑えたりした方が良さそうです。

 

単体で聞くとカッコよくても

実際に使ってみると かなり曲を濁してしまう

その一面もあるように思います。

 

 

そこを使い分けられるようになれば、

もうEZdから離れられないでしょう。

 

 

ええ、買っちゃった手前ね。←意味が違う。

 

 

いや、冗談抜きで信頼しきっております。

 

superiorっていうのを知らなければ

買って良かったって思いますよ。

 

 

いやいや、ウソウソ。

EZ単体に満足してるので

別に今はsuperiorに興味は向いてません。

 

 

イージーであり、しかし使い込める。

それがEZdrummer…。

 

 

参考になるかは分かりませんがボクが打ち込んでみたパターン。

 

打ち込み方次第では

けっこう それっぽくなってくれますので

だいぶ お気に入り。

 

音源内の音作りには限界があるものの、

パラアウトを適用すれば、

そんなに問題もなく。

 

意外とワガママ聞いてくれますっ♪

 

 

 

ちなみに

Superior Drummerというのは

同社の、EZd上位版的なドラム音源。

 

「買ってしまったモノ達を無駄にしたくない」系DTMerにとって

希望の星みたいな存在。

 

SUPERIOR DRUMMER 2.0

 

「安く、簡単に、手軽に」のEZとは傾向が違い、

 

どちらかと言えば、

有名どころプロ仕様ソフトたちに寄ったタイプのものなので、

 

EZの手軽さに惹かれた方からすると、

ちょっと どうなのかな?って気はしなくもないのですが

 

プロも使ってるって聞きますし、

(この界隈で有名な こおろぎさんも愛用者とのこと

柔軟な生ドラム音源『Superior Drummer 2.0』を長年使い……

 

こっちを買おうと損では無さそう。

 

 

 

機能。 

 

右上について。


プリセットが切り替えられるところと、

設定が出来るところ(メニュー)があります。

 

メニューの方では、単にヘルプとか そういう類のもの(しかも英語)ですので、

何もやることはありません。気にしなくて良いと思います。

 

 

 

トップ画面。「DRUM」

 

各キットごとに、設定が出来るようになっております。

逆三角のタブから。

 

・ModenとVintageの切り替え。

・ドラムの種類?の切り替え。(Kitタブより。デフォルトの すぐ下に。)

・それぞれに対応したキットを選択可能。

・ピッチの調整。←ドラムのことを よく知らないと難しいかも。

・ボリューム。

 

 

 

「BROWSER」 

 

MIDI収録されたデモを聞ける。


もちろん それらのデータは

ドラッグ&ドロップDAW側に配置していくことも可能。

 

Preview Original Tempo
 用意されてるデモの視聴を、
 オリジナルのテンポで聞くか、DAW側の設定で聞くか切り替えられる。

 

 

 

「SERCH」 

 

まず触ることはないと思いますが、

要するにパターンの検索をするところ。

 

イメージに合うものを各項目から探してこれるようになっております。

 

 

 

「MIXIER」 

 

三本線と逆三角が付いたタブをクリックすると、

Drummer(奏者)側、オーディエンス(聞き手)側で、

ミックスを切り替えてくれる簡単機能があります。

 

 

ミキサーはパン、ボリューム、ソロ、ミュート以外に、

 

パラアウトも可能。※

 キット名すぐ上のオレンジ色の数字の横にある逆三角をクリックして、

 指定のトラックにあてていきます。

 

※タム、金モノ類、などは、一つに まとめられておりますので注意。

 


エフェクターは簡易的なもので、

ツマミで量や加減を調整するくらい。

 

 

 

EZdrummer2でのパラアウトについて。 

 

EZdrummer内にもミキサーはあるのですが、

ほとんどが音源依存で、

基本的に音量やら定位の設定くらいしか出来ません。

 

「キット毎の胴鳴りが気になる」というような場合に、

この音源だけでは不便なんですよね。

 


そんなときに使えるのがパラアウト機能。

 

平たく言えば

一つの音源で複数の音色を

MIDIトラックに当てはめる機能のことなのですが、

 

これをEZでやっていきます。

 

以下より。 

 

 

 

音源側。音源内にあるミキサーにて。 

 

f:id:htmusmaker:20160913172847j:plain


左から
キック、スネア、ハット、タム(セット)

オーバーヘッド(O.H シンバル。マイクRECシミュレート)

 
といったふうに続いております。

 

そこにある「MIDI」で、

トラックを指定します。

 

ミキサーの音量を示す数値の下、

1と書かれてるところです。

 

f:id:htmusmaker:20160913173222j:plain

 

この、「1」となってるところは「output1」を示しております。


ここを自分の やりやすいように

一つずつ数値を変えて設定していきます。

(DAW側に反映される)

 

f:id:htmusmaker:20160913173342j:plain 

 

あとは、DAW側の設定です。

 

 

 

DAW側の設定。 

 

ボクはstudio one3を使用してますので

そっちでの やり方を ご紹介。


ミキサーの左側に

「インスト」というのが あります。

 

f:id:htmusmaker:20160913205700p:plain

 


クリックすると、インストゥルメント音源の一覧が並びます。

(ここではEZdrummer のみ、表示されてます。)

 

f:id:htmusmaker:20160913211946j:plain

 

 

表示されたインストゥルメント音源の上をクリック。

(あるいは三角タブをクリックした後に出てくる「展開」)

 

選択可能なMIDIチャンネルトラックが出てきます。(最大16トラック。)

 

f:id:htmusmaker:20160913212130j:plain

 

 

あとは

音源側で設定したチャンネルに対応したトラックを選択していくだけで

作業完了です。

 

 

 

以上。 

 

「いつでも即効 使える最高のドラムが そこに!」

 

EZdrummer2の紹介でした!

 

一言に まとめると、「超・楽!」


それでは♪

 

 

 

<関連記事>

 

『ドラムの打ち込み勉強』

 

広告を非表示にする