読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

アコギの音量対策。3つ。

楽器

f:id:htmusmaker:20160907114639j:plain

 

 

 

 

アコギって音 大きいっ。

 

弦の太さとか、ギターの大きさ、
木やピンの材質によって細かく変わるものの、


やっぱりギターって音が大きいです。

 

 

でもアコギを家で練習したいっ!録音したいっ!

 

そんな気持ちに応えるのは誰でしょう?


…ボクでいっかっ。←投げやり。

 

というわけで今回は、

そういう内容です。


以下よりっ!大まかに二つずつ。

 

 

 

1.「新しく専用のものを買う必要なし」編。

 

家にあるもので出来ることを考えてみました。

 

新しくグッズを集める必要なしです。

正直、これだけでも充分?

 

 

・ブリッジのところに布・スポンジを挟む。

 

SINLAND 速乾フェイスタオル スポーツマイクロファイバータオル 3枚組(3色x1枚) 33cmx74cm (3, パープル&オレンジ&シャルトルーズ)

 

古いタオルやら着なくなったシャツ

なんでもオーケーです。

 

結構ボリュームが落ちます。

 

エレキほどは下がりませんが、
(アコギはホールがあるので胴鳴りが出る。)

 

一番 手軽で効果は大きいかと。

 

ただ、布が邪魔で弾きづらい…

ということもあるでしょうから、

 

セッティングの仕方には気を使った方が良いかもしれません。
(たとえば上側から布が はみ出ないようにするとか。)

 

ちなみに、音量が大きく下がるというメリットがある分、

常にミュート状態になるので、完全に練習用となります。

 

フォーム確認だとか、そういう練習に。

 

 

 

2.「専用グッズ」編。 

 

極端に差を出す上記までの やり方では得られなかった
ギリギリの演奏感を保ってくれる感じ。

 

プラス製品ゆえの安定感。

 

差という差は、あまり感じないかもしれませんが、
どっちかっていうと、

こっちの方が処理(?)が繊細な気がします。

 

 

弦バンド。

 

 

弦楽器専用ミュート 弱音器 GG-022263

 

マジックテープタイプのもあります。

 

ほぼ完全にミュートしきってしまう「布はさみ」に対し、
こっちは音程感を残した「ブリッジミュート化」が可能。

 

音量を抑えつつ、弦のピンッとした音も保てる
練習には うってつけのアイテムかと。

 

(ボクもよく使ってる)

 

 

 

サイレント ピック

 

サイレントピック SP-3 「アコギの音が小さく鳴るピック」 騒音対策に

 

わりと小さくなります。

 

ただ…

どこに売ってるのコレ?

(ネット限定?)

 

 

 

3.「高いの」編。 

 

ここからは
上記までより グッと高い買い物になると思われるので、
対策としては ちょっと難しいかもしれません。

 

リサイクルショップでビックリするくらい値が落ちてる
とかだったら狙えそう?

 


あくまで、参考程度に。

 

  

 

サイレントギター買っちゃえ日さn…← 

 

ヤマハ サイレントギター スチール弦仕様 ナチュラル SLG200S NT

 

バッサリ言っちゃうと、…エレキ?

 

アンプが繋げるみたいです。

 

話によると、

あのQueenブライアン・メイ氏も使ったことがあるんだとか。
ライブにもイケるっぽいですね。

 

ただ…高いっ。 

 

平気で6万したりしますからね…。

 

 

 

ダンボール防音部屋。 

 

組立式 簡易防音室 だんぼっち

 

専用のを買うか、自作するか。
二つの道があります。

(話によると買った方がトータルの意味で安いとか。)

 

家に大量のダンボールが余ってて使い道に困ってる場合は、
自作に挑戦してみては いかがでしょう?

 

楽しいと思います。

 

 

 

単体では効果なし編。 

 

効果ありそうで全然なかったもの。

 

単に当時の自分が勘違いしてただけですが

参考として。

 

 

サウンドホールカバー 

 

Andoer Sound Hole Cover サウンドホールカバー ブロック アコースティックギターサウンドホールカバー ギターパーツ 弱音器 2色選択可能 40

 

あんまり音量を下げる効果は無いもよう…。

 

ボクの知ってるグッズでは、ゴム製のものがありました。
(初見では「キッチンの排水溝のヤツかな?」と思いました。)

 

 

本来は

エレアコハウリングを抑える目的で使われるカバーなのですが、

 

ゴムの弾力が振動やら なんやらを

ガッツリ抑え込んでくれると期待してたんですハイ。

 

 

実際は「サッパリ…」でしたけどねぇ…。←

 

 

どうやら、ホールの音を ふさいでも
弦が鳴るようです。

 

いやはや、誤算でした…。

 


それなりの音量は残るだろうとは思っておりましたが、

 

なんなら付けてないときと変わらないレベル。

 

 

ただ、
元々の用途である録音用としては良い感じでした。

 

エレアコほど分かりやすい効果は無いかもしれませんが
音がボワーッてなるのを少し抑えてくれる

みたいな?

 

 

大所帯バンドの中で存在感を失わず

抜けよく録音するのに利用されるとか

聞いたことがあります。

 

 

 

まとめっ! 

 

完全に安くで済むのは
「グッズを買わなくて済む」方のです。

 

家にあるものを使って対応できますからね。

 


単なる防音以外の用途(ハウリング防止など)や、
安定させたいなど、思うところがあるなら、

 

製品の方がベストでしょう。

 

結果的に安く済むと思います。

 


全音対策、練習用セッティングには
ホールと弦のミュートを両方すると効果的。

 

もはや何弾いてるのか分からなくなりそうなくらい
消音してくれます。

 

弦をかく音しかなりませんから。

 


こんなところでしょうか。

以上ですっ。


それではっ!

 

 

 

他のアコギ記事。

 

広告を非表示にする