小さなバンド!国内海外のアコースティックギターアーティスト!

Gibson ギブソン J-45 Standard 2016 アコースティックギター ヴィンテージサンバースト

(※はてなの「Amazon画像」より)

 

画像は ただの好みっ。

 

 

 

 

 

アコースティックギターアーティストと言えばっ!

 

今回は こういう記事っ。

 

 

ボクがアコギ好きというのもあって、

一度こういう まとめ やってみたかったんです♪

 

準備が出来たので記事にした次第ですっ。

 

まだ、

WIXからの記事移行も完全に終われてないのにね。

 

以下、敬 省略

 

 

※選択は、完全にボク個人の趣味です。

 また、ランキングでは ありません。

 

 

 

国内アーティストで

 

まずは日本より。

 

その筋では有名って方々ばっかりになってしまいましたが

「好み」ということでっ。

 

 

 

岸部眞明

 

(画像なし)

 

はじめて聴いた曲「流れ行く雲」

 

優しい風の流れを感じそうな

切ない青空が浮かぶようでした。

 

まさに抜けるような青い空に、

少し雲が かかっているような場面。

 

時間が ゆっくり流れていくことを感じさせる

ゆったりとした曲調は

懐かしさで いっぱいにさせられるかと。

 

 

 

住出勝則

 

<こんな人っ!>

Ain't Life Grand

 (※)

 

 

はじめて聴いた曲「Dreaming of You」

 

人によって異なるものはあると思いますが、

幼き頃に帰っていくような…

「まどろみ」を感じます。

 

「昔に帰りたい」なんて、

今まで欠片も思ったことありませんが

(「無駄な時を過ごしていないか」苦しくなることならある)

 

人の歩んできた人生次第で聞こえ方が変わる曲

 

全て聴き終えたあとにボクに残った言葉が

まさにコレでした。

 

まるで詩のようです。

 

しかし、言葉より別の形で

ダイレクトかと。

 

 

 

押尾コータロー

 

<こんな人っ!>

You&Me

(※)

 

 

はじめて聴いた曲戦場のメリークリスマス

 

この曲 自体が好きなんですが、

アコギ使いの人が奏でると こうなるんだなぁって思いましたねぇ。

 

 

ボクの思い込みかもしれませんが、

ピアノ曲のほうが

「冷たい雨、空虚な涙」というイメージで、

 

対して この曲は、

ギターの温度感が「雨のアツさ」を思わせていて、

 

また別種の哀しさと良いますか、

空しさみたいなのを感じさせているようです。

 

 

 

内田勘太郎

 

<こんな人っ!>

一陣の風

(※)

 

はじめて聴いた曲。「星屑の街」

 

夜にサングラスで出歩いてそうな、

肌寒いくらいの景色が浮かびます。

 

アコギのアツさは あまり感じませんが、

肌の火照りくらいの程度でおさまってる気がします。

 

渋い曲だなぁと思いました。

 

 

 

中川イサト

 

<こんな人っ!>

Solar Wind

(※)

 

 

はじめて聴いた曲「The Sprinter」

 

心を癒す、水のような旋律で、ステキでした。

 

心の ど真ん中に

波紋を起こされたかのような素晴らしいアコギ演奏です♪

 

 

しかし、sprinterの意味と どう繋がるのかまでは

分かりませんでした…。

 

 

酸いも甘いも知り尽くしたという人の

ささやきとかに たとえられてるのだとすると、

深い曲です。

 

……若造の自分なんかには、

まだまだ捉えきれませんね…。

 

 

 

海外アーティストで

 

ホンッットに偶然 聴くことが出来た

曲・アーティストさんらなので、

 

ほとんどは有名なのか どうか とか、

詳細については正直分かりません…。

 

ただメロディ感に惹かれてっ。

 

 

 

トニー・マクメイナス

 

<こんな人っ!>

Tony Mcmanus

(※)

 

はじめて聴いた曲「Goodbye Pork Pie Hat」

 

チャールズ・ミンガスというジャズの方による、

テナーサックス、クラリネット奏者のレスター・ヤングへの

追悼バラードが原曲。

 

こちらはカバーバージョン。

 

原曲とは だいぶ雰囲気が違い、

アコギの熱感が別種の渋さと勢いを持たせてる感じ。

 

 

 

ステファノ・バローネ

 

(画像無し)

 

はじめて聴いた曲「Alexander Supertramp」

 

イントロの発想と言いますか、

「お見事っ!」って気持ちでしたねぇ♪

 

特別 難しそうではなさそうなのにも関わらず

「面白い曲だなぁ♪」と感じさせられました。

 

 

 

カルム・グラハム

 

<こんな人っ!>

Waiting

 (※)

 

はじめて聴いた曲「Waiting」

 

海外的なドラマティック演出を思わせると言いますか

そんな感じでした。

 

寂しい雰囲気。

 

それも季節だったり、

空気感、時間帯によるもの的な。

 

 

 

アンディ・マッキー

 

<こんな人っ!>

LIVE BOOK

 (※)

 

はじめて聴いた曲「rylynn」

 

情熱的なのかもと予想させるメロディが

複雑な切なさを帯び始めたときは驚きました。

 

こんな音が あるのかと。

 

いろんなアーティストの曲を聴いてた気でいましたが

誤りでした。

 

ボクは まだまだ音楽を知らなさ過ぎる。

 

 

おごるつもりなどはありませんでしたし、

未熟だとは思っていたつもりでした…。

 

しかし、この感動は

確実にボクの今後を変えていくことでしょう。

 

 

 

オマケ。国内「芸能人枠」

 

 

山本耕史

 

伝説のロックバンドBOOYの氷室さんのモノマネや

切れかけのマキロンの音マネなど

 

「芸人さん?」と疑ってしまうほどの……

 

……俳優さん…ですよね?←自信がない。

 

 

そんな山本さん

たいそうギターが お好きなようで、

 

芸人さんの山口さんと番組で披露されてた

ブルース系の即興演奏は

 

 

「あっぱれ!」と

誰かが手を叩くレベルだったのではないかとっ。

 

 

 

歌声も身を乗り出すほどに聞き入りましたっ。

 

いやモノマネ時の歌もそうでしたが、

素も旨いんだぁ…コレが♪

 

良い声ですっ。

 

味わい深いってヤツですねぇ。

(上の「旨」は こういう理由なので、間違ってません)

 

 

 

以上っ。

 

「この人 本格派だから!」って勧められるようなアーティストは

残らず「裏切られた…」って感じのしかいませんでしたが ←

 

 

サラッと教えられるだけだったり 聴くことがあった、

この記事内で紹介させていただいてるアーティストさんらに関しては

自分のセンスながら、

 

「間違いなかった」と胸を張って言えるレベルだったかとっ♪

 

 

「いっそう勉強に力を入れなくてはならない」

今回の まとめで、そう強く思いを固めることが出来ました。

 

 

以上です。

それではっ。

 

 

 

他の まとめは以下カテゴリにて。

まとめ