読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

え、このボーカルさんがアノ人!?「BIIR」

邦楽 音楽感想

翼

(※はてなの「Amazon画像」より)

 

 

 

 

カッコいいっ♪最高に好みな音楽ユニットっ!

 

1994年以来8年ほど活動されてたとのことですが、

まぁ、当然 知りませんでした。←

 

実際、このユニットの存在を知ることが出来た きっかけは

Youtubeですからね。

 

WILD STYLEとか、BEREEVEとかと一緒ですねぇー。

htmusicm.hateblo.jp

 

htmusicm.hateblo.jp

 

現在まで続くことなく

みんなヤメていってしまったところを見ると、

なんか切ないですなぁ…。

 

90年代って

ホンッットに厳しい時代だったんですねぇ…。

 

 

 

メンバー

 

ボーカルさんとギターさんの二人組み音楽ユニット。

(なんかボク、ユニット好きなのかなぁ?)

 

以下、敬 省略。

 

 

 

大橋光

ボーカル担当。

 

現在ではシンガーソングライターとして

ソロで活躍されてるとのこと。

 

 

 

河合英嗣

ギター担当。

 

作詞作曲、編曲家でもある。

 

それらの能力を駆使して現在も

様々なアーティストさんと関わりながら活躍されてるとのこと。

 

 

 

お気に入り曲っ! 「FUTTARI」

 

ギターの、香り感じる響き?音作り?

良い雰囲気で好きな感じです。

 

デジタルを絡めつつ

「これぞギターっ!」って旨みを活かす使い方は

やっぱり90年代アーティストっ。

 

まさにデジタルとアナログの融合っ!

 

BIIRは まさに その世代の代表級として立てたはずの

アーティストだったかと…。

 

名前が挙がらないのは

それだけ音楽界が厳しいということなんですねぇ…。

 

 

 

印象と言いますと、

風のような音楽ってところでしょうか?

 

体の深くまで抜けていく風のような…。

 

バイクに乗って受ける風」のようですね。

 

 

 

「野原の真ん中で受ける風」と違うのは、

うねるようなギターのクサみが

エンジンの油のように感じたからです。

 

 

やんちゃさのある曲調とボーカルには

どこか人生観みたいな印象を受けます。

 

深すぎない、ちょうど良い浅さが

これまたクールで良いですね♪

 

 

 

シェフクラスの耳の肥えた音楽ファンにはともかく、

ファーストフード的な分かりやすい美味しさが魅力の軽快系ポップス。

 

存在感を示すのには難しいジャンルかもしれませんが、

もうちょっと話題になっても良かったろうになぁと

思ってしまいます。

 

 

しかしまぁ、後のsurface

その前から君臨してたB'zなどと比べると

もうちょっと味つけが必要だったのかもしれませんねぇ。

 

8年もの間メジャーで業界に いつづけたことを考えると

やはり相当な評価を受けていたことは間違いなさそうですが

 

これから自分は そのように

厳しいなんてもんじゃない世界で

活動していきたいと考えてるわけですから

 

不安で いっぱいです…。

 

勉強しなくては…。

 

 

 

ボーカルさんに驚いたっ!

 

目を疑ったんですが…

 

B'z軍団の方なんですね。

 

 

残念ながらボクは中村素也さん派なのですが(←)

この事実を知り…

 

ルンバが家出しました。(なんでやHT)

 

 

そもそもウチにルンバはありません。←

 

そんなことは どうでも良いのですよ

それより中村さんの話です。←違うから

 

 

 

いやはや、まさかB'z軍団の方で

そのうえリーダー?ホントに?

 

…中村さんしか見てなかったから

誰がリーダーかなんて意識したことな…←そこまでだ。

 

 

いやホントに驚きました。

 

全員一般の方か

お笑い芸人だとばかり思い込んでましたもん。

 

 

 

以上。

 

分からんものですなぁ。

 

今回は二重で驚かされました。

 

 

何にせよ、消えたわけじゃなく

現在も活躍されてると知れて ちょっと安心しました。

 

 

とにかく、勉強せねばなりません…っ。

 

「メジャーに行こう」という気があるわけではないのですが

世に通用するプロになれるよう

常に自分を疑いながら

 

やっていきたいと思います。

 

 

それではっ!

 

 

 

他の お気に入り邦楽については以下カテゴリにて。

邦楽

 

 

広告を非表示にする