初心者DTMerがnoteを使っていくにあたって。

f:id:htmusmaker:20161206195431j:plain

 

 

 

 

初心者なりに悩んでおきたい!

 

HTです!

 

長年乗ってないので自転車が怖いです。

 

 

そんな(←どんな?)

ボクが今回お送りするのは

「初心者だからこそ悩んでおきたいnoteの使い方っ!」

 

特に、

自分に合った活用法」という点で

何か無いか探してみたいと思います。

 

 

 

noteで出来ることは ざっくり こんな感じ。

 

パッとみた感じ、

テキスト投稿画像音楽動画などなど…

 

簡易的なアクセス解析に有料・無料での投稿や

マガジンが どうのこうの。

 

 

これだけ見てると、

確かに「何でも出来そう」な感があります。

 

 

もともとが

クリエイターのためのうんぬんっぽいですしね。

 

「ファンと触れあいつつ、

 クリエイターの活躍の場としても…」

 みたいな。

 

 

しかし…

だからといってポンッと使い道を思いつくほど

 

ボクには充分な経験値が一つも ありません…。

 

 

どうも

生まれたときから赤ゲージなド○クエ勇者です。←

 

 

 

ツイッターも ろくに扱えてない

(だいたいインプレッションは2桁でエンゲージメントは1桁)

そんなボクに、

 

このnote…

 

いったい どういう活かし方が出来るでしょう?

 

 

果たしてボクに

「初心者にオススメ」と言われるnoteを

使いこなせるでしょうか?

 

そのためには、noteを知る必要がありそうです…。

 

 

 

よく聞く「使い方」

 

音楽関係だけで見てても

だいたい共通して「有料で売る」というのが

noteのポイント・メリットとして上がってる様子。

 

有料記事的な感じで公開してたりしますね。

 

音楽等、作品もそうやって出されてたり。

 

 

しかし、それって信頼あってこそだと思うんですよね。

 

 

「アマチュアこそ作品を売る場としてnote!」

みたいなのもありますが、

コレは「流石に違うんじゃないか」とボクは捉えます。

 

 

まず「この人は良いの作るんだ」と思ってもらえる

信用を得ることが

少なくともボクには何より最初に大切です。

 

 

まったくのゼロである以上、

有料ではメリットどころかマイナスでしょうね。

 

 

昔のアマチュアと今のアマチュアの解釈に

ズレがあるのかもしれませんが、

 

まだまだ素人である身としては、

どう上向きにしていくかが最重要…。

 

 

いきなり

プロ並みの作品なんて作れるわけもありませんし

 

はじめのうちは

「勉強の成果」としての

報告的な作品投稿がメインとなるでしょう。

 

 

ブログにも繋がっていきやすいと思いますし、

利用しがいが出てくる気がします。

 

 

 

「ボクは まだ素人である」という自覚。

 

前に出るには能力が圧倒的に足らないボクだからこそ

それを自覚することで見えてくるものがありました。

 

まさに

ここにきて、

ボクのHTmusicMの原点に かえって来たわけです。

 

「まったくの無才が どこまで伸びていけるのか」

 

果たして夢を叶えられるのかっ!

というものです。

 

noteは そのドキュメンタリー…いや、

ディスカバリー的なサムシングとして使っていけそうです。

 

 

となると、現状の活用していき方としては

 

作品に対する「どういう勉強の元で出来たか」とか

そういう感じになるでしょう。

 

 

しかし、良いのが出来たら、

含み笑いしつつ、サラッと出すだけ出して

多くは語らない方向でいきますけどねっ。(笑)

 

 

これで とりあえず

文字、サウンドの面でスタイルが固まったかなぁ。

 

 

続けます。

 

 

 

HT的に考える他の使い方。

 

基本の使い方としては上の通り。

 

 

で、それ以外は どう使っていくのか

についてなんですが

 

雑記的に見せかけた音楽ブログは

いつものことなんですよねぇ。

 

はてなで作ってるわけですハイ。

 

 

「ジャンル分けに困るような思いつき記事はnoteにする」

というのも悪くはないんですが、

思いつき待ちになっちゃうから きっと続かないし…。

 

 

質問受付、リクエスト等も

応えられる能力うんぬんの前に、

まず数字を集められない状況である今じゃ

 

やったって仕方が無い…。

 

 

そこで、ボクに求められるのは

「ふらっと立ち寄りたくなるところ性」だと考えました。

 

以下。

 

 

 

・「なんか面白そう」であること。

 

それを探れたら苦労しませんが、

たとえば曲を作るにしても

 

「クリスマスソングを作りましたっ!聴いてくださいっ。

 『彼氏にメリークリスマスドロップキック』」

だったらどうでしょう?←

 

とりあえず見ますよね。

 

ヘヴィメタやハードロック、パンク感が漂います。

 

 

あえてボサノバでやってみても面白そう。

 

ただ、ボクは その辺の方向じゃないので

出来るかは知らない…。

 

 

 

企画?

 

ファンや協力者さんが必要な企画は すぐ崩れるでしょうが

一人で出来るものならボクにも可能です。

 

「○○やってみた」的なのですね。

 

「synth1でギター音 作ってみました」みたいのは

さすがにやっても仕方ないことでしたけど、

 

それ以外の

「再現系」に関してはnoteでやってみようかなぁ?

 

「何々っぽい音っ!」みたいな。

 

有名どころでいうところの

YMOのアノ音を再現しました」みたいなの。

 

 

企画ってほど企画じゃないかもしれないけど

対象の曲と こちらのクオリティ次第では

今より違ってくるかも?

 

 

 

・「ためになりそうか」

 

ブログでも意識してることですが、

疑問だけ振りまいて「まぁ良いか!」では

 

孫悟空だって

「ちょっと待ってくりよぉー!そんなんあんまりだぜぇ!」

ってなもんです。

 

 

かといって、コレの難しいところは

「対象が認知されてるかどうか」にあるんですよね。

 

誰も知らない事柄について いくら詳しく書いたって

何の流入もありませんでしたし、

いろいろ気にする必要がありそうです。

 

しかし、これだと

ブログとやってること同じになっちゃうんですよねぇ…。

 

 

 

過去話を書いていく?

 

「ボクは以前、こう思い込んでたっ!」

みたいなの。

 

で、

「これは こうでしたっ!」みたいに解決させられると

このブログでやってるのとは少し違う形に出来るはず。

 

 

心配なのは「それのどこが面白いのか…」

なんですけどね…。

 

 

 

終わりに。ある程度まで進められたらっ!

 

実は やりたいこといっぱいなんですよね。

 

ホントに やりたいことに関しては

まだまだ弱小の自分には手出し出来ないんですが

 

noteが

ボクみたいな初心者でも注目されやすいところなら、

いずれは?

 

 

成長だけじゃなく、

叶えたいと思っていた企画も実現できる

 

そんな

きっかけの場にもなってくれる可能性を持つnote…。

 

 

今の自分には まだ分かりませんが、

じっくり お付き合いしていきたいと思います。

 

 

それではっ!

 

 

広告を非表示にする