読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

コピーバンドならぬコピーDTMは勉強になる。

f:id:htmusmaker:20161116103456j:plain

 

 

 

 

目指せ完コピっ!

 

コピーって一言で書きましたが、

ただの作業的コピーでは

「何にも得られるものは無い」と理解してるつもりです。

 

ここでボクが触れたいのは

そういうことじゃあーないっ。

 

 

 

正しいコピー。間違ったコピー。

 

本題に入る前に

コレだけはハッキリさせておきたいっ。

 

楽曲をコピーして勉強する際に

大切だとボクが考えてることを

それぞれ挙げていきます。

 

 

 

まず間違ったコピーについて。

 

パッと思いつくと思います。

 

なんとなく やってしまうことです。

 

プロの曲は一切 妥協が無いので

たった一小節も油断できません。

 

 

 

正しいコピー

 

各トラック各パート、

一小節とて油断できません。

 

当然ですが、音作りについても同じ。

 

「ぜひチェックしておきたいポイント」については

ざっくり こんな感じ。

 

・どういう楽器構成か。

・どういう音作りか。

・どういうタイミングで何が来るか

・どんな演奏か。(ニュアンス)

 

これらの点に注意して、

コピーという模倣学習をやっていきます。

 

 

 

習得せよプロの技っ!

 

コピーで学びたいのは当然プロの技ですよね。

 

 

もちろん、

「そんなん自分で考えるべきやん」

って考える人の方が多いことでしょう

 

確かにコピーが

「プロの技術をなぞることが目的」となっているのなら、

それは正論なんです。

 

「真似るべきじゃない」

「学生の漢字勉強じゃないんだから」

 

という話になっても

おかしなことは何処にもありません。

 

 

 

しかし このコピー学習において重要なのは

実は真似じゃないんです。

 

重要なのは「感覚」

センスを体験し、知ることです。

 

これを習得することが一番大切っ。

 

 

<関連させとこうと思って載せる記事>

 

 

歯のついでに磨けよ感性っ!

 

コピーによって得られる体験は確実に

感性をくすぐるでしょう。

 

特にアレンジ面では

何がどういう役割を持っていて…とか

「無駄のない丁寧な創作」が出来るように育つはず。

 

 

これまで よく勉強してきたなら

その勉強してきた分だけ、

 

まるでシナプスが繋がったかのように

気分爽快といくでしょう。

 

 

 

終わりに。

 

最近、synth1でアレコレ作るのに凝りつつあるので

コピーついでに何でもかんでも作ってみようかな?

 

良い お勉強になりそうです。

 

自分で作れさえすれば、

やたら音源を足す必要も無くなりますしね。

 

 

「そのとき必要な音」を自分で作れれば最高です。

 

DAW内だけでも いっぱいある音源にメマイがしてるので、

音色選びの手間も だいぶ省けるかと。

 

 

とにかく、

コピーの お話でしたぁー♪

 

それではっ!

 

 

広告を非表示にする