読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

フリー作曲ソフトDominoの音源を変更する流れっ!

f:id:htmusmaker:20161001203911j:plain

 

 

 

 

<関連記事>

 

 

音源の変更について。

 

VST類のプラグインを使うとなると、

だいぶ ややこしい(しかも安定しない)のですが、

 

音源については

わりと すんなりかと。

 

ただし、何を使うかによる。

 

 

 

〔TIMIDITYの場合〕

 

winの32bit時代あたりまでは

パパッと音源を変えることが出来てたようですが、

64bitからは無くなってしまったみたいです。

 

なので、

音源を変えるために それ用のソフトを用意します。


MIDI Yoke」が有名ですね。

(他にも いろいろあると言われてます。)

 

PCによって対応してない・使えないものもあるので、

ここでは「PCに合ったものを用意

としておきます。

 


timidityだけでも使えはしますが

(ボクは使えた。ちょくちょく消えるけど。)

 

このドライバを挟んでおけば、

気持ち、より安定して使えるようになります。

 

 

次にサウンドフォントの設定。

 

まずはtimidityに使いたいサウンドフォントを入れていきます。

 

twsyng.exe」を起動。

 

TWSYNTH GUI」というのがタスクのところに出てきます。

 

設定を開き、編集へ。

 
詳細設定でサウンドフォントを設定する画面になります。

 

サウンドフォントフォルダ」というのは、

サウンドフォントが あるフォルダを指定するところです。

 

追加を押すと左にフォルダが追加されます。

 


下の段ではフォルダ内のサウンドフォントファイルが表示されます。

 

追加で左側、

timidityに認識されるようになります。

 

 

 

MIDI ドライバーの設定です。

 

timidity側から設定します。

 

twsyngを起動。

 

シンセサイザ」のタブをクリック。

画面が切り替わります。

 

ポートに使用するMIDIドライバーを選択します。


シンセを自動で開始」にチェックを入れて「OK」で、

完了です。

 

 

 

次にdominoからバイス設定

 

MIDI-Outから、

MIDIドライバーを選択します。

 

Dominoでサウンドフォントが使えるようになります。

 

 

 

注意。

 

twsyngは毎回起動しないといけません。

 

これを起動させないとtimidityが使用できません。

 

ボクの場合ですと、

標準の内蔵音源に戻ってしまいます。


それから、サウンドフォントにもよると思いますが

timidityは相当重いです。

 

ボクは音源側のエフェクトを切ることで対応してましたが

それでも有る程度の重さは残ります。

 

 

 

〔BASSMIDI Driverの場合〕

 

これはdominoに直接設定しても問題ないので

timidityに比べて、作業が とても楽です。

 


やること。

 

・BASSMIDI Driverをダウンロードし、インストール。

・BASSMIDI System SynthのConfigure

・BASSMIDI Driverを起動。

 起動したら、サウンドフォントをドラッグアンドドロップ

 「ADD」で追加していきます。
 「OK」を押して、作業終了。



あとはdomino側でMIDI OUTに

BASSMIDI Driver を選択するだけ。

 

これでサウンドフォントの音が使えます。

 

 

 

おわりにっ。比較。

 

一番楽なのはBassMidi ですね。


コッチは ものすごく簡単に設定できます。

とっっても楽♪

 

すぐに使えますっ。

 

 

一方、timidityはと言いますと、

いろいろ手間が かかってしまう上、

安定しないという欠点が ありますね。

 

音作りが出来るという唯一最大の長所

重さの原因となっているようです。

 


音質に こだわりたいと思ってて、

性能に自信のあるパソコンを使ってるという場合なら「Timidity」

 

なるべく軽く、手軽に使いたいということなら、「BASSMIDI Driver」

 

ってところでしょうか。

 

 

音源を変えるだけでも作曲意欲も変わってくるし、

曲のイメージもしやすくなります。

 

 

良いことづくめですね。

 

 

それではっ!

 

 

広告を非表示にする