甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

DTMerのコンプレッサー!覚えておきたい立体的活用法。

f:id:htmusmaker:20161006005633j:plain

 

 

 

 

「ボクは どこまでコンプを理解してるのだろう?」

 

ふとした疑問に自問自答っ!

 

奥深いコンプレッサーのことをよりよく知るために

勉強記として整理していきたいと思うの?←なぜ聞いた。

 

 

なんとなく使えるEQと違い、

感覚的なところが大きいコンプレッサー。

 

耳が肥えてくると、

微妙な変化も聞き取れるようになってくるのですが、

 

とにかく はじめのうちは誤解しがちっ。

 

ボクなんかリダクションメーター動いてないのに

かけた気になってた頃があるもんねぇっ!!ドヤァ

(なぜ誇らしげ)

 

 

 

DTMerを名乗るなら絶対に忘れてはいけない基本機能。

 

なんかこう…EQと違って

EDMなどのデジタルミュージックが流行ってるからか

サイドチェインだとか、よく分からない機能が付いてることが多いコンプ。

 

ここでは、基本の基本のみに絞って書いてみようと思います。

(単にEDM系に上手く馴染めてないだけですけど。←ボクはアナログ寄りの人)

 

 

 

スレッショルド

 

いわゆる境界線。

(閾(しきい)値と呼ばれる)

 

ここを境に動作が始まり、終了します。

 

 

 

レシオ

 

スレッショルドライン(音量)を超えた信号(音)を

レシオの値で決めた割合(○○:1)で圧縮します。

 

 

 

アタック

 

スレッショルドを超えてコンプレッサーが作動してから、

圧縮完了までにかける時間。

 

ここで設定した時間分、

レシオで決めた比率の圧まで落としていくわけです。

 

圧のパワーの方でいうと、

徐々に上がっていくイメージ。

 

以下、画像。

 

f:id:htmusmaker:20161006164643j:plain

 

画像内のでの波形の変化が

実際に この通りなのかは自信ないのですが…

イメージとしては こんな感じ。

 

元のピークが それなりに残ってます。

 

ちなみに このライン以降はスレッショルドの値まで

均等なパワーのまま圧縮される。

(※ボクの予想ですけど…)

 

 

薄紫(っぽい色)の方のは

ほぼ始めから均等に圧縮されてるイメージ。

 

 

 

リリース

 

スレッショルドを下回ってからも続けておく圧縮効果の時間。

 

アタックとは逆に、

スレッショルド以下からリリースで設定した時間分かけて、

パワー・圧を弱めつつ、動作終了を遅らせる。

 

 

 

ニー

 

要するに

圧縮の際の勢い的なもの。

 

最速にするとカクッと一気に圧縮され、

緩めておくと曲線的に、ナチュラルな形で圧縮される。

 

 

 

コンプを活かしたミックスっ!立体的 音作り。

 

主にコンプレッサーと言えば

遠近感の演出というイメージだと思います。

 

 

……いや、むしろ「音圧」の方が一般的だろうか?

ダイナミクスという意味で、ボクも そう解釈してた時期がありました。

 

 

しかし実際は、

圧縮タイプの空間処理エフェクター」と考えた方が、

理解しやすい気がします。

 

以下より。

 

 

 

近くに置く音作り。

 

音のピークを残す・強調する設定で表現します。

 

簡単に言うと、

アタックタイムを遅めにすれば良いわけです。

 

こうすることでピークが立つので、

近接感が出てきます。

(※アタックタイムについては上記の通り)

 

 

また、

アタックタイム以降とスレッショルドライン間が均等な圧を受けるので、

もうひとつ強調されます。

 

 

 

遠くに置く音作り。

 

近くにする場合

 

ちょっと例としては極端ですが、

よくあるストリングス音源みたいなイメージ。

 

 胴鳴りとピークの音量差を

"ナチュラルに" 近づけるのがポイント。

 

 

 

まとめ。コンプレッサーの使い方の肝は「圧」に有り。

 

DTMerとして、

ぜひとも おさえておきたいコンプレッサーということで

書いてみました。

 

 

ただ単に音量揃え、音圧上げの道具ではないということが

よく分かりました。

 

 

音圧は まるで体験ですね。

 

プロの作品を聞けば、

さらに それがよく分かります。

 

まるで実際にミュージシャンが

自分のすぐ そこで演奏しているかのような気にさせられます。

 

 

今回の勉強で、

もうひとつ、プロへと近づけますように…。

 

それではっ。

 

良いDTMライフを♪

 

 

広告を非表示にする