甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

無料で使えるフリーVSTプラグインまとめ!

f:id:htmusmaker:20161029032936p:plain

 

 

 

 

無料で使えるフリーVSTプラグイン

 

今回は

独断と偏見で書いていく
初心者向けフリーVSTプラグインの お話。
 
(勉強用、入門用、すぐ使えるか、という意味で)

 

 

64bit対応に限定して書いていきます。
 
確認したら
ほとんどはMacにも対応してるみたいっ。

 

 

ボクの音楽性により、

多少 偏りがあるかと思いますが、

 

参考までにっ。

 

 

 

VST以外にも一応

 

分かった範囲で

AUまたはPro tools対応かについても

触れるようにしてみました。

 

 

AU(Audio unit)について。

 Garedge Band

 Logic等

 Mac製品で扱われる規格。

 

 

Pro toolsに使われる規格

 RTAS(Real Time Audio Suite)

  …古い方。

 

 AAX(Avid Audio eXtension)

  …2011年頃からの新しい方。

 

 両方とも そう滅多に見かけない。

 

 

基本的にVSTAUの2種になります。

 

 

 

※※VST3について

 

製品版以外では そうそう見かけることのない、

(なんなら製品でも なかなか無いかもしれない。

 EZdやAmpleのフリー体験版など。

 Real LPCにはありました。)

 

いわゆる新しいVSTのバージョンですが

ごくまれに

フリーでも対応してるものがあります。

 

このVST3に関する情報はコチラで。

VST3 | Steinberg

 

 

いい加減な解釈かもしれませんが、

 

無駄を省いて、効率化し、

これまでよりも軽快に扱うことができるようになった

 

といったところでしょうか。

 

 

操作(音作りや表現)の忠実さも向上したっぽい。

 

荒が出やすいピッチベンドとかでの

急な変化にも耐えられるのかなぁ。

 

現状、ボクが使用してる音源の中で唯一VST3なのは

Real LPCなのですが、ここまで試したことないので、

また いずれ実験しておきたい。

 

 

 

今後のフリーVST界が

VST3に変わっていくことが もしあるとすれば

 

CPUのため、そして

より音楽的な制作のため

ぜひとも 忘れないでおきたい 大事な お話。

 

 

注意点は、まだ新しいバージョンだからか

認識できないDAWや、バグが起きるものもある

という点。

 

studio one 3は 全く問題ない(むしろ良いくらい)

のですが、

バグは改善されるものとしても、

 

DAW側が対応してるか どうかは

しっかり確認しなければいけないところっ。

 

 

 

音源編。

 

一応、幅が利かせられる程度には

そろえられたはず?

 

少なくともバンド系やらシンセを交えた

ポピュラー系ミュージックをやっていくなら

困らないレベルかと。

 

 

それでも

64bitという制限を入れると

けっこう選択肢が少なくなった印象…。

 

 

 

総合

 

Kontakt Player

f:id:htmusmaker:20160930225126j:plain

対応してる規格については以下に。

Komplete : サンプラー : Kontakt 5 Player : スペック | 製品

 

RTASというのは無いみたい。

だいぶ前に使ってたときは有った気がしたんですけど

ボクの勘違いか、消えたのか…。

 

 

300種類もあるという

総合音源としての充実っぷりと

 

付属するシンセ、エフェクター群に目を回して

ボクはリタイアしてしまいました。

 

 

そもそもフリー版でさえ

スゴイ重量ですから…。(苦笑)

 

 

選択肢としては有り?

 

ただ、めっちゃ重い…。

(メモリ8GBのHDD600GBちょっとの

 ノートPCでの体感)

 

 

ダウンロードにはメールアドレスが必要。

 

 

 

他の総合音源らは知りませんが、

このkontaktに関してはフリーの追加ライブラリが

有志の方々によって数多く作られてたりなんかします。

 

 

Playerにも対応してるというようなものは

ごくわずかですけども…。

 

 

 

鍵盤系

 

4front piano またはE-piano

f:id:htmusmaker:20160921035218j:plain

パラメーターなしのシンプル設計。

 

ピアノはアップライトで、Eの方はDX7のコピー?

 

なかなか使い勝手 良いと思います。

 

 

対応はVSTだけ。

 

 

 

「Salamander Piano」

f:id:htmusmaker:20170110024718j:plain

容量は恐らくフリー音源中では

トップクラスの大容量。

 

なんと840MB近いドデカ音源っ!

 

ピアノ音源買うとしたら断然、pianoteq派のボクとしては

もう愕然ってなもんでして……。

(pianoteqは数十MBくらいと言われております。)

 

 

しかし、容量を求められるだけあり、

ボクの素人耳からしましても満足の音質でございました。

 

ベロシティの強弱による音の変化パターンも

16くらいあるんですって!

 

この音源、

けっこう生々しいです。

 

 

とりあえずstudio one(3)では

問題なく動作してくれてます。

(表示に7秒前後は かかりますが…)

 

 

対応はVSTの他、AUのもある様子。

 

 

 

「Skerratt London Piano」

 

f:id:htmusmaker:20161121121934j:plain

アップライトピアノ

 

良い雰囲気です♪

 

【この音源を作った曲】

「とりあえず踊っとこう的な」古いR&B風な曲

 

 

4fontのと比較すると

こっちの方がコロコロ感がある感じ?

 

なんか足りない感じのする音色。

 

対応はVSTAUですね。

 

 

 

「The Grand」

f:id:htmusmaker:20170423213411j:plain

手軽さという意味ではダントツではないでしょうか?

 

重いか軽いかで言われれば

とりあえず軽いほうが良いと思うHTです。

 

 

もちろん重いなりに

表現の幅が広くなるのも音源なわけですが

 

そこまでは不要

というケースもあると思います。

 

 

固めな音?というか聞こえ方から

ロックあたりでガツンと使えそうなイメージ。

 

バンド内で活きる的な音作りがされてる印象。

 

バーブは起動時には かかってないので

音源側で調整。

 

VSTAUに対応。

 

 

 

「ComboV」

f:id:htmusmaker:20170108210150j:plain

いわゆるオルガン。

 

個人的に

「コレが欲しかったっ!」って音が入ってたので。

 

 

対応はVST以外にAUが。

 

 

 

<32bitでは…>

 

「EP 2008」

エレピです。

 

Music maker MX2を愛用してた頃

お気に入りで使用し続けておりました。

 

硬いタイプですね。

 

ちょうど4frontのエレピみたいな。

DX7コピーってやつなのかなぁ?

 

 

「Church Organ 2nd」

教会のオルガン。

 

甘いトーンっていうとなんか不思議ですが

神聖なイメージを出したいときとかに

この音を64bitで使えたら良いのになって思います。

 

 

「Accordion」

名前の通りアコーディオン

 

幻想水滸伝IVにてCobaさんによる

la merにドハマリして、

その影響で探してたときに見つけたのがコレ。

 

珍しいのか

そうそうお目にかかれないアコーディオン音源です。

 

 

 

ギター系

 

「Dynamic Guitars」

f:id:htmusmaker:20170417142353j:plain

64bitで使えるものの中では

良い部類に入る

リアルなアコースティックギター音源。

 

アコースティックと

ナイロン、スチールの3タイプ。

 

 

奏法は

ベロシティスイッチによるスライドと、

レガートによるハンマリング、プリング

 

モノラルも使えばミスを表現できそう。

 

他は無し。

 

自分なりにいじってみましたが

ミュート(デッド、パーム)になるわけでもなく。

 

 

VSTの他、AUにも対応。

 

 

 

Ample Guitar M II LITE

f:id:htmusmaker:20160909185843j:plain

機能制限のある無料版という立ち位置ではあるものの、

おそらくフリーアコギ音源内で最強。

 

製品(の無料版)であるだけに安定性、

質感、操作感、

すべての要素において最高峰。

 

ただし、奏法は限られる。

プラス、4フレット以降の和音は使用付加。

(コードの方もソロの方も)

 

 

VSTAU

RTASにAAXと

スタンドアローンまでいける音源。

 

 

 

「LP SG Custom」

f:id:htmusmaker:20160925011750j:plain

対応はVSTAUの2種みたい。

 

 

音質 "だけ " は非常に良いエレキギター音源。

 

確かギブソンだったかな?

 

 

あまり表現の幅がないため、

広がりを持たせられない使い勝手から

この音源をメインにギター曲を組み立てていくのは至難の…

 

いや、たぶん無理。←

 

 

しかしフリーエレキVST中、

この音源と並ぶくらいの音質を持ったものといったら

 

Cute Emily Guitar

f:id:htmusmaker:20160925011929j:plain

くらいのものかと。

(対応はVSTAU)

 

 

奏法がピッキング一つのみのEmilyGuitarと比べれば

LP SGは まだ対応できるものが付いてますし…

 

ギター曲でなく、

ちょい登場くらいの曲でなら活かせるはず。

 

充分カッコよく決められると期待しております。

 

 

たとえ少ない奏法であっても

LP SGのサイト側デモ曲(※)のような例もありますし、

一応ギター曲も不可能じゃないでしょう。

 

ただ、幅が きかないだけ。

 

(※現在デモが削除されております)

 

 

 

<番外>

Kontakt Playerにあるギター音色は

なかなかのもの♪

 

(UVIも悪くは無かった気が…。曖昧です。)

 

あと、製品版kontaktなら追加できる

フリーギター音源も いくつかっ。

(EmilyのKontakt版と他、上記 Kontaktフリーライブラリ記事にて)

 

 

 

<32bit版では>

 

ボクがMusic Maker MX2というソフトを愛用してた頃

たいへん お世話になった

「SuperRiff Guitar」(以下、SRG)

f:id:htmusmaker:20160925010347j:plain

 

 

それから、

「suburban guitarist」「SuGt」

f:id:htmusmaker:20160925010537j:plain

があります。

 

 

「SRG」は

これらの曲で使いました。

(リンク先はnote)

 

上のリンクの内、「水」の方のは

ミュートで鳴らしてるのが この音源。

他のギターはアコギ(Music Maker MX2の)。

 

歪んだギター音色専門って感じで、

基本はロック向きのVSTでした。

 

studio one 3に乗り換えて以来のお別れですが

今でも64bit版が出てないか

確認してしまうほどの お気に入り。

 

とっても良いギター音源でした…。

 

 

 

「SuGt」はクセのある感じ。

素の音質自体はチャチでした。

 

何より細い。

三味線の音が極太に思える。

 

輪ゴムで作ったかのようにも思えるかもしれない。

 

 

しかしエレキギター音源、

その辺はアンプに通せば

だいたいどうにかなる。

 

特に歪ませちゃえば、もうもうもう…。←

 

 

ですが、それだけを理由に

この音源の名を挙げたりはしません。

 

 

なんと言っても機能

 

スタイルを変えることも、

ピッチベンドの効果を変えることも、

 

MIDI CCに各ツマミ変化を割り振ることも

言ってしまえば自由自在っ!

 

これに もし そこそこ程度でも音質が合わされば

おそらく最強のフリーエレキギター音源

 

・素の「SuGt」(youtube)

Suburban Guitarist - Free Guitar Vst Plugin

 

ボクのではなくて、海外の利用者の方ですが、

音質面を各エフェクターでどうにか出来たら

こんなふうに化けます。

 

・化けた「SuGt」(youtube)

VSTi SuburbanGuitarist2 And Shred 1.06 Demo

 

 

この音源は開発自体がストップしてるようなので

64bit版は絶望的ですが…

それでも期待せずにはいられない…

 

まさに圧倒的なエレキギターVSTでした。

 

未だにチェックしてしまう…。

 

 

 

<関連記事>

「ギター打ち込み勉強記事」

 

 

 

<さらに番外>

 

民族系です。

「Syntar」

 

シタールです。

 

 

目をつぶると そこには平i…げふんっ!

インド人がね?←

 

これでもかって笑顔で

手を振ってくれるような音源です。

 

 

 

ベース

 

Ample Bass P II LITE

f:id:htmusmaker:20160912162126j:plain

Ample Guitarと同様。

(対応してる規格も)

 

こちらはロック系のギター。

 

どちらかというと

膨らみというよりはな印象のタイプで、

プレシジョンと言う種類なんだとか。

 

使用感としては、

「奏法は ほぼ無し」といったもので、

あまり幅は きかないかもしれません。

 

ただ、

やっぱり製品からのモノである点からいって、

これ以外のフリーベースは他に あがらないかと。

 

他のベース系だと、

面白そうなものは たいてい32bitですしねぇ。

 

 

最近ですと、「Bassline」っていう

スラップから何までキッチリこなせるベース音源が32bitで…。

 

いやぁ…悔しかった…。

 

 

【この音源を使った曲】

おつまみブルース

 

 

<関連記事>

「ベース打ち込み勉強記事」

 

 

ドラム系

 

「Cymbalistic」

f:id:htmusmaker:20161029002541j:plain

 

シンバル等の金モノ類のみのプラグイン

わりと表情が出せるっぽい?

 

無愛想になりがちな金モノ類の刻みに

表情がつけられるということでは

なかなか珍しいフリー音源ですねぇ。

 

VSTAUに対応。

 

 

 

「CHERRY SNARE」

f:id:htmusmaker:20161128143114j:plain

いわゆるスネア専用の音源です。

叩き分けによる表情付けが可能っ!

 

音質は

けっこう生々しい感じ♪

 

 

しかし、

若干好みが分かれる具合かもしれません。

 

多少は自分なりに いじる必要があるかとっ。

 

 

対応はVSTAUです。

 

 

 

「X-CRASH」

f:id:htmusmaker:20161128143509j:plain

これはホントにステキ♪

 

いわゆるクラッシュシンバル専門の音源っ。

 

CHERRY SNARE同様、こちらも生々しくて良い!

 

VST4Freeに

また次も期待しちゃう。

 

対応は上記CHERRY SNAREと同じ。

 

 

 

<32bitでは>

 

「Drumatic 3」

エレクトリックドラム?ドラムシンセ?

なんて呼ぶものなのか分からないけど

 

とにかく、それを使うとしたら

ボクにとって ど真ん中なのが この音っ。

 

ただただシンプルにカッコよく感じます。

 

案外こういうのって

見かけないんですよねぇ…。

 

たまに検索かけて

64bit出てないか探してしまいます。

 

 

 

〈番外〉

 

MT Power DrumKit2」※終了

 

プリセットなし。

 

「コレを使えっ!」系の一本勝負なドラム音源。

 

もともと有料だった製品が

どういった経緯でか

無料版として登場したものなんだとか。

 

 

ハイハットの固さが どうにも気になるところですが、

キックの感じとかはカッコいいかと。

 

さらにポイントとして、

EZdrummerのように、

MIDIパターンが複数用意されてるところがあがります。

 

ここは必見♪

勉強になります。

 

対応してるのはVSTAUの2つ。

 

 

 

<関連記事>

「ドラム打ち込み勉強記事」

 

 

 

シンセ

 

DEXED

f:id:htmusmaker:20160930011934j:plain

FMシンセといわれる類のもの。

 

実在するDX7というシンセサイザーのクローンとして知られてる。

 

プリセット数は非常に多く、

正直 疲れてしまうレベル。

 

 

こちらが ちょっと ためらってしまうくらいには多いので

使用の際にはメモが必要。

 

たしか1000は あったはず…。

 

 

対応はVSTAUみたい。

 

 

 

synth1

f:id:htmusmaker:20161028003527j:plain

対応はVSTAUのようでした。

 

 

定番ですが、決してバカに出来ない

フリーVSTシンセの中の王道モノっ!

 

これひとつで一曲 完成させてしまえる方も おられるほど

使い勝手が良い上に

ジャンルも選ばない まさに万能音源っ!

 

 

デジタルシリーズ。

ギター(アコギ・エレキ)とベースをイメージして

プリセットを作りました。

 

特に配布してるわけではありませんが

わりとアコギがギターな感じ。

 

エレキは音作りの勉強が必要。

 

ベースは思いのほかベースになってくれてましたっ♪

生っぽいかは別として、作りやすくはあったかもしれないっ。

 

 

 

「TAL-NoiseMaker」

f:id:htmusmaker:20170110013332j:plain

シンセの勉強のために買った

シンセサイザーテクニック99」という本で使用されていたモノ。

 

一通り付録のCDで聞いてみたんですが、

いやぁ人気の理由が分かる

良いフリーシンセですね。

 

……synth1みたいにギターとか作れるかな?←専門音源 使え。

 

本で学習しながらシンセを学べる

というメリットから選んでみました。

 

 

対応はVSTAU

それからAAXの三つでした。

 

 

 

「Stigma」

f:id:htmusmaker:20170418222240j:plain

winのVSTのみ。

 

元になってるとされてるシンセについての知識は

まったく 無いHTなのですが、

 

とにかく気持ち良い音してます。

 

上記のDexedのときも悩んだのですが、

これを初心者向けと呼ぶには

少し難しそうなイメージです。

 

しかし、よく見てみると

案外 中級あたりからなら

馴染みのあるワードが並んでるだけなので

 

パッと見の印象ほどハードルは高くなさそう。

 

入門には「Synth1」

初級からは「TAL-Noise Maker」

中級から「Stigma」

 

そんな感じで使っていけそうなイメージです。

 

 

ちなみにDexedは

シンセ勉強としては上級かと思いますが

音色の多さで加えました。

 

 

 

<番外>

「SynthMaster」

 

メール登録必須ですが、

この音質には きっと驚かされるっ。

 

参考記事。

人気ソフトシンセ「SynthMaster」のフリー版…

 

 

 

ブラス / ストリングス

 

「VSCO」

f:id:htmusmaker:20161029001518j:plain

対応はVSTAUです。

 

オーケストラ音源ということで、

一種の総合音源の類とのこと。

 

マルチティンバーって言うんでしたっけ?

 

ブラスやストリングスも入ってるということで

とりあえず この枠に入れてみました。

 

実際はピアノとかパーカッションなどもあり

けっこう多彩。

 

 

2も。

f:id:htmusmaker:20170414183202j:plain

(対応はVSTAU)

 

関係性が ややこしいんですが、

これは上のと同じサイトが出してる音源ではなくて、

 

中身は上のサイトが出してるサウンドフォントで、

それをVST化したーつまり この音源ーが

別のサイトらしいんです。

 

<参考記事>

2016年に使い始めて来年以降もお世話になるであ…

 

 

 

<番外>

f:id:htmusmaker:20161028204653j:plain

 

bigcat

(emily guitarなど出してるサイト。上のVSCO2も)

から、セットで出てるっぽいです。

bigcat Instruments: bigcat Maize VSTis

 

かなりあるので、番外編。

 

 

サラッとストリングス系についてだけ触れますと

分かりにくいですが、キースイッチが付いてたりします。

 

EmilyGuitarには無かったのに…。←

 

たぶん、bigcatのところだから

全部macにも対応してるはず。

(対応は見てみた限りではVSTAU)

 

 

「この音源を使ってみた曲」

個人的な打ち込み能力の具合もあって、

不慣れな感じではありますが、

 

それでもキレイに聴かせてくれるくらいには

良いプラグインだと思います。

 

 

 

<32bitモノでは>

こういうのもありますね。

 

「Matnitron」というvstです。

 

これはポップ向きっぽい印象♪

 

でも32なんですよねぇ…。

 

 

 

あと、

「Orchestral Strings One」

っていうのも面白そう。

 

パッと見、

奏法切り替え機能もあるっぽかったし。

 

Macには対応してるみたいだけど

コレも32…。

 

 

<関連記事>

「ストリングス打ち込み勉強記事」

 

 

パーカッション

 

ROYOTOMS

f:id:htmusmaker:20160913150933j:plain

ドラム欄にしようか迷いましたが、

一応パーカッションに。

 

トコトコ右左鳴るのが面白くてっ。

 

 

VSTAUに対応。

 

 

 

「Clog Boxes」

f:id:htmusmaker:20161121112153j:plain

ウッドブロックというパーカッション。

 

「木魚でハードロック演奏したら どうなるかなぁ」とか

白目向きながら想像してたら

やっぱり世界は広かった。

 

いや、ハードロックでは使われて無さそうですけど

このウッドブロックって「木魚が楽器になったようなもの」

とか言われてるんですってね。

 

さすがにアコースティック系だとは思いますが

これも良い木の音って感じ。

 

(対応はVSTAU)

 

 

 

「Clavestinas」

f:id:htmusmaker:20161121112235j:plain

クラベス。

 

スペイン語で「鍵」の意味を持つ「クラーベ」という

ラテン等の種類の音楽の基本リズムパターンを表現する楽器。

 

ラテン系に使われるとか聞きますけど

要するにアコースティックな感じなんだろうか。

 

曇りのないスッキリとした音質。

 

 

(対応はVSTAU)

 

 

 

「eXylo」

f:id:htmusmaker:20161121121051j:plain

ポップな音がします。

 

ずぅーっと、「クシロホン」だと

「X」で思い込んでたんですが、

 

シロフォン」っていうみたいですね。

 

 

(対応はVSTAU)

 

 

 

「BellsEbuth」

f:id:htmusmaker:20170108225233j:plain

オーケストラベルっていうんですってね。

 

グロッケンシュピールという、鉄琴ですかぁ。

 

 

(対応はVSTAU)

 

 

 

「Crotalinae」

f:id:htmusmaker:20170108225612j:plain

アンティークシンバルというもの。

 

上のグロッケンと似たような音ですが

高域の抜け具合や伸びの良さが

このアンティークシンバルの特徴。

 

 

(対応はVSTAU)

 

 

 

「CLAP MACHINE」

f:id:htmusmaker:20161029002339j:plain

(VSTAUに対応)

 

サンプリングなんでしょうけど、

音質が良くて ちょっとビックリしたHTです。

 

わりと生々しくて使いやすい♪

 

 

 

<32bitでは>

 

「Latin Set」

簡単なことまでなら出来る

という程度なのかもしれませんが

 

そんなくらいで良い、かつ

DAW内にパーカッションの音色が無い

とかであれば

 

ベストな存在となってくれるはず。

 

パーカッション打ち込み入門者向けみたいな。

 

 

 

その他

 

「EtherealwindsHarp」

f:id:htmusmaker:20170108210925j:plain

Youtubeで見たデモがキレイだったので

ほぼ勢いに任せてみたものっ。

 

今のところ何に使おうとかって

考えてるわけではありませんが…。

 

軽いんですけど音が悪くなくて、

けっこう安心して使っていけそうです。

 

 

対応はVSTAUでした。

 

 

 

「Miscellania」

f:id:htmusmaker:20170110012235j:plain

「雑多な…」という意味の語が当てられたコチラのvst

ホラー系サウンド集のようです。

 

ガラスの割れた音や水?の音、

戸(か、窓?)を叩いたような音など

いろいろ入ってるみたいですねぇ。

 

 

VSTAUに対応。

 

 

 

エフェクター編。

 

意外に64bit対応のエフェクターって

あるもんですね。

 

特にステキだと思った分、ご紹介ー♪

 

 

 

アンプシミュレーター

 

「HyBrit」

f:id:htmusmaker:20161116093907j:plain

(VSTAU対応)

 

こっちはヘッドアンプなる種類のもの。

DTMではキャビネットの前において使います。

 

音はマーシャル系と言われてます。

 

 

 

「LeXTAC」

f:id:htmusmaker:20161129131139j:plain

(VSTのみの対応)

 

オリジナルなのかモデリングなのか は さっぱり。

 

Bognerだとかディーゼルだとか言われてるため

「それぞれの良いとこ取りぃー♪」なアンプシミュなのかも?

 

 

 

「Flextron」

f:id:htmusmaker:20170418103714j:plain

(WinのVSTのみ対応)

 

キュンってきたので。

なんか自然な聞こえ方です。

 

この歪み方も良いんだなぁ♪

 

【参考記事】

しっとりめの歪が気持ちいい「Flextron」

 

Macには対応してないっぽい?

 

 

 

<他、アンプシミュについて関連記事>

 

 

〈番外〉

 

「amplitube」

 

有名アンプシミュレーターのフリー版ですね。

 

Real LPC 3についてたっぽいのですが、

いろいろあって利用してません。

 

しかし、

とにかく評価の高いアンプシミュであることは

間違いないっ。

 

要登録。

 

(確認してる範囲ではVSTAUに対応)

 

 

 

イコライザー(EQ)

 

Luftikus

f:id:htmusmaker:20160918233225j:plain

アナログイコライザーってヤツです。

音の土台作りに使えます。

 

「アナログ」ゆえ、音に それなりの温かみが出る。

 

(VSTAU対応)

 

 

 

TDR VOS SlickEQ」

f:id:htmusmaker:20161029013258j:plain

(VSTAUとAAX対応)

 

滑らかな効き方をするEQです。

 

変化が さりげなく、

きめ細かさが付くのが特徴?

 

 

 

<関連記事>

「EQ勉強記事」

 

 

空間系。

 

「Multiply」

f:id:htmusmaker:20161029020128j:plain

評価の高いコーラスエフェクト。

どっかのコンテストで賞を取ったんだとかっ。

 

けっこう見た目に反して触りやすい、

親しみやすさのあるエフェクターかとっ。

 

EQっぽいのはコーラス用で、

ここの調整で

かかり方が変化します。

 

(VSTAUとAAX対応)

 

 

 

「Transient」

f:id:htmusmaker:20170418101605j:plain

平たく言えば

 

アタック(音の立ち上がり部)、

サスティン(持続音。音の胴の部分)

 

それぞれを抑えたり、増したりするプラグイン

 

「2×」は効果二倍という意味らしい。

 

クリップは音量オーバーによる

ノイズを防ぐ的なアレ。

 

(たぶん公式では もう扱ってない?

 VSTAURTASはある…あった?様子。

 VST3確認。)

 

 

 

「A1StereoControl」

f:id:htmusmaker:20161029014139j:plain

(VSTAURTAS対応)

 

ステレオを どうのするエフェクターといったら

誰もが迷わずコレだと思います。

 

必ず名前が挙がってくるはず。

それくらい有名。

 


単にステレオ感を操作するだけじゃなくて

音の真ん中だけをミュートしたり、

聞こえてくる角度(というかパン)を変えられたり

 

その高機能っぷりには もう、

たまりませんね♪

 

 

何よりミックスの役に立ちます。

 

ステレオの広がりを抑えてパンを触れる

というだけでも良い機能なのですが、

このVSTのパンには遠近感があるんですよ。

 

 

普通、DAWのパンは張り付くような

近い距離で回ってくるようなパンニングですが、

これは違います。

 

製品モノなら当たり前でしょうが、

このフリーVSTエフェクト…

ただものではない…ッ。

 

 

ミックスの お供にっ。

 

 

ボクの例ですと、

左右にギターを振りたいときとか、

耳にキツくならないよう適度に広がりを抑えて

 

パン振りしてたりします。

 

 

例。

カフェ(ジャズ風の曲)|note

 

目いっぱい端に振ってても

自然な聞こえ方っ。

 

 

シンプルに、

かるとこだけ触ってる感じですが、

とりあえずは こんなところ。

 

 

 

「DeePanpot」

f:id:htmusmaker:20161028210256j:plain

(VSTAUに対応)

 

自然な定位作りを手助けしてくれます。

 

初心者DTMerにとって

夢のようなエフェクターを開発しているDotecならではの

クールなプラグイン

 

 

この記事の最後の方でもチラッとだけ触れました。

 

 

「Proximity」

f:id:htmusmaker:20161029021652j:plain

(VSTAUに対応)

 

「音に奥行きを…」という情報を見たときは

「何を言ってるんだ、ハハハ♪」と笑ってましたが

ウソじゃないようで。

 

かかり方は、極端ではなく

自然に、音楽的な奥行き感が表現される感じ。

 

補正の中の補正、微調整用エフェクターとしてっ。

 

 

 

ダイナミクス

 

TDR Feedback Compressor II

f:id:htmusmaker:20160914162615j:plain

(VSTAUに対応)

 

コンプレッサーです。

 

音質が劣化しないとか どうのって話題。

 

 

高性能なんですが、それゆえに

studio oneでさえ一気に動作が悪くなるくらい重い。

 

トラックごとに…とかは出来ません。

まともに再生できなくなってしまいます。

 


ミックスを終えて、

最後にもうちょっとだけコンプかけとこってときに

マスター(あるいはバス等でも可)で使うのがベスト。

 

 

それでも

トラックごとに かけたい場合は、

ECOモードにすると、少しだけ軽くできます。

 

(質は落ちますが、さすがTDRというもので

 そんな劇的では ありません)

 

 

※現在も あるにはあるようですが、

 発展形にあたる「Kotelnikov」がサイトで推されてる様子。

 

 こちらも さらに高品質 高機能でキレイなんですが、

 ゆえに めっちゃ重いです…。

 少なくとも このプラグインより重かった印象…。

 

 やはり最終調整向けかと。

 

 

 

「Rough Rider」

f:id:htmusmaker:20161115124054j:plain

(VSTAUに対応)

 

コンプレッサーであり、

ほんのり歪みが出るサチュレーターのような

あったか系ダイナミクスエフェクター

 

ドラムに良いと言われてますね。

 

ボクはギターに使ってます。

 

 

 

TDR Nova」

f:id:htmusmaker:20161029013619j:plain

(VSTAUとAAX対応)

 

どこに分けるか迷いましたが、

とりあえず ここにしました。

 

EQとコンプレッサーが

一緒になったようなエフェクターです。

 


普通のEQは ある周波数に対して処理を行えば

そのまま効果は等しく続いていくわけですが、

 

これは

音量によって かかり具合が変わるという

コンプレッサーの特徴が加わっているようです。

 

 

「必要なタイミングに必要な分だけ圧縮が かかる」

みたいな?

 

 

 

<関連記事>

「コンプレッサー勉強記事」

 

 

Lisp

f:id:htmusmaker:20161029014558j:plain

ディエッサー。

Mac未対応。

(winのVSTのみ対応。VST3確認。)

 

「さしすせそ」などの

歯が擦れるような高音の「耳障りなノイズ」を抑えるための

補正用エフェクター

 

基本的にボーカルに使うのですが、

シンバル等の金物類のノイズを抑えるのにも使える。

 

 

ボクは滅多にディエッサーって触らないんですけど

本来 歌には必須らしいですね。

 

普段ダイナミックマイク使ってるから

気にならないんだろうか?

 

コンデンサーは好きじゃないので分かりませんが

そっちで録ったら必要になるのかも?

 


それはそれとして、

このLispの注目ポイントは

 

「エフェクトによって削った音を聞くことが出来る」

というところ。

 

パッと聞いてるだけでは効果が分からないので、

非常に助かる機能です。

 

 

 

サチュレーター

 

「IVGI」

f:id:htmusmaker:20161115124314j:plain

(VSTAURTASに対応。VST3確認)

 

ほんのり?ほんわか?

 

そんな感じの雰囲気にしてくれるイメージです。

 

ボクは今のところギター用に使ってます。

 

 

リミッター・マキシマイザー

 

「LoudMax」

f:id:htmusmaker:20161029020942j:plain

(VSTAUに対応)

 

熱を足してくれるアナログ系バンド向き

マキシマイザー。(と言われてる)

 

ちょっと前まで よく使ってました。

 

ツマミが二つなので操作はシンプルっ。

簡単に音圧が上げられます。

 

 

変わった(?)使い方としては、

アナログ感が付加されるということで、

 

ギターの音作りに利用できたりもするかと。

 

 

 

「W1Limiter」

f:id:htmusmaker:20161029021008j:plain

※画像はDAWソフトによって違うらしいです。

 

(VSTのみに対応)

 

リミッター・マキシマイザー。

 

WAVESのL1 Ultramaximizerを模したという

これまたフリーとは思えない素晴らしいプラグイン

 

有名ですね。

 

 

機能的にはシンプルなんですけど、

ホント、簡単に音圧が上がります。

 

音が崩れにくいので、

ボーカル録りのときに利用してる

という方もおられるんだとか。

 

 

 

<関連記事>

「リミッター・マキシマイザー勉強記事」

 

 

その他。

 

「La Petite Excite」

(画像なし。VSTAUに対応)

 

エキサイター。

 

なんかこう……

音がハッキリ・クッキリする印象。

 

高域に倍音をかけて

スッキリ明瞭感を出させるエフェクターのことなんだとか。

 

いわゆる、音を元気にするプラグイン

 

 

 

「DeeGain」

f:id:htmusmaker:20161121115242j:plain

(VSTAUに対応)

 

たとえば、

オートメーションを書いてしまって、

「後からミキサーで音量調整したくても出来ないっ!」

 

そんなときに助けてくれるプラグイン

 

音量調整専門のエフェクターってわけですね。

 

 

逆に、ゲインってだけに

増幅にも使えるのかなぁ?

 

ギターのアンプ前なんかにクイッて。

 

ノイズのことを思うと

コンプを使った方が良いのだろうか?

 

しかし打ち込みギターなら

そんな心配も無用かなぁ?

 

 

 

「Abletunes Knobs」

(画像なしVSTAUに対応)

 

操作は一つのノブでっ!

 

ディストーションとアタック強調と

空間系(たぶんリバーブ)

 

三つあります。

 

ワンノブというシンプルさながら、

かかりの良さで話題。

 

素早さに特化した音作りを提供。

 

 

 

終わりに

 

ここには書いてませんが、

(利用してないため)

 

他にも

「GSnap」というピッチ修正系のエフェクターもあります。

(※Macには未対応。win64bitには対応。)

 

確かMIDIで作った手本(メロディ)さえあれば

それに合うよう声の音程を調整してくれるとか

そんなんでした。

 

 

ピッチ修正自体、

使う人は非常に少ないのかもしれませんが、

 

メロダインみたいな高機能なものを持ってない場合とか

歌初心者なりの勉強に役立ってくれるかもしれません。

 

<参考記事>

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
ピッチ修正ソフトの波形を見ると、歌のうまさが大体わかるんですよね。 なので、逆に、ピッチ修正ソフトの波形から歌い方を分析することで元の歌を上達させることができる というわけで、今回はピッチ修正ソフトのどこを見たらよいか、どう直せばよいか、というのを書いてみます。

GSnap にも応用できたりするかなぁ。

 

 

 

以上ですっ。

 

それでは。

 

良いDTMライフを♪

 

<関連記事>

 

 

 

ダウンロードに関する注意。

 

誰もが知ってるような有名どころに関しては

特に心配ないと思いますが、

 

モノによっては

不要なソフトまで同時にインストールさせられてるとか

酷いケースも存在します。

 

 

最近は知りませんが、

過去にはウィルスに感染したという人もいたとかなんとか。

 

 

充分に時間をかけて調べる対策を取っておいた方が良さそうです。

 

ちなみに上記のプラグインは全て

ボクが自分でダウンロードしたことのあるもの

となっております。

 

だからといって安全と言い切るつもりはありませんが。

 

 

 

見極めのコツ。

 

どれだけの人が それについて記事を書いていて

かつ、

そのプラグインに関する記事が「いつ投稿されたものか」

 

それらを見るのがポイントかと。

 

 

信用できるサイトであるか どうかも

判断のポイントですね。

 

多くの有名なブログに書かれてるのでしたら

だいたい安心かと。

 

 

 

使用に関する注意。音が鳴らない場合。

 

VSCOでフォロワーさんが体験した お話。

 

案外こういうことってあるので

びっくりする方 多いと思います。

 

 

たいていの場合、

VSTフォルダにdllファイルを入れれば

使用できるものですが、

 

中には「cannot find any instrument.」

というようなエラーが出たりして、

使用できない音源があったりします。

 

 

この場合、確認すべきことは2点です。

 

ファイルを解凍しなくちゃ使えないタイプかどうか。

 

 解凍しなくても使えるものもあるのですが、

 中には こういうものもあります。

 むしろ こっちが大半?

 

 たいていの場合 解凍後、

 インストールを要求されます。

 

 

同時に入れておかなくてはならないものがある?

 

 VSCOの場合はコレでした。(LP SGも同じ)

 たぶん、音源内でダウンロードの際、

 指定されるんでしょうね 同じフォルダ内に。

f:id:htmusmaker:20161027211010j:plain

(この画像の「instruments」が該当ファイルです。)

 

 安全策として、

「ダウンロードしたままの これら二つが入ったフォルダを

 そのままVSTフォルダに入れる」

 

 という手を取っていれば確実。

 

 

これらのうち、どちらかか、

あるいは両方かだと思いますので、

エラーが起きたときは お試しを。

 

単に古くて現在のPCには対応してない

というような場合もあります。