読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

ギターの打ち込みについて

f:id:htmusmaker:20160921095519j:plain

 

 

 

 

打ち込みにおいて最難関っ!ギターの打ち込み。

 

我、ギター歴 長いわりに弾けない者なり…。

HTです どうぞ よろしく。

 

気づけばギター練習するより、

仮として使ってきてた打ち込み技術ばかりが伸びてた者です。

 

もはやデモなんかじゃなく、本テイクに成り代わって長いです。

 

 

今回は、そんなギター打ち込みのテクばかり磨いて

当のギターは

 

「見る」だけで済ませてきたボクの

ちょろっとしたノウハウをご紹介。

 

 

 

打ち込みの話の前に。動画を用意してあります。

 

動画の目次。

「奏法表現。」
・スライド
・ハンマリング / プリング
チョーキング

(ここまで、Music Maker MX2のVITAアコギを使用しております。)

 


「演奏表現。」 (録画ソフトのバグが酷くなってしまいまして音だけです。)
ストローク(studio oneのPrecenceにあるエレキギターで)

・オマケ(フリーVSTギターでカッティング)


となっております。

 


それでは どうぞ♪
(動画は短め)

 

つたないですが、伝わったら嬉しいです。

​​


ギター打ち込み

 

以下、動画の補足とか、

他、触れきれなかったものについて。

 

 

 

ギターの打ち込み方

 

まずは、

動画に載せてたところから。

 

 

 

〔奏法表現〕

 

(一部、音源次第なものも含む。)

 

 

スライド

※Music Makerではベロシティスイッチ、

 あるいは音源側のギター欄、「テクニック」から、

 スライドを使うことが出来るのですが、ここでは打ち込みだけでっ。

 


音と音の間を埋めていきます。(なるべく細かく。)

 MIDIキーボードを使うと楽です。(PCキーボードは勧めない。)

 

打ち込んだ内容のベロシティを調整していきます。

 だんだん小さくしていく感じで。

 コントローラーエディタで描画を使うと良い感じにバラけてくれます。

 


応用するとギタリストがよくやる

エレキの「ぐぅうーぅん…」みたいなのも作れないことはないっ!

(さすがにMusic Makerのだと「どぅるるる」って残ってしまいますが。)

 

 

 

ハンマリング・プリング

 

ベロシティ差を極端につけてやると それっぽいです。

 

たいていの音源はピッキングなので

アタックが柔らかいところまで。

 

音の強さという質感の差を利用したテク。

(音量差についてはコンプやCCで どうにかなるかとっ。)

 

 

応用ってほどでもありませんが、

ライトハンド奏法も再現できます。

 

スウィープも可能。

 

チョーキングと合わせて使えば、チキン や ランなども出来ます。

 

 

 

チョーキング (ベンド)

 

ピッチベンドを使って行います。

 

コツは……

特にコレといって思い浮かぶものはありません。

 

それっぽいか どうか が全て。

 

種類は

クォーター(全音に対する1/4)、ハーフ(半音)、全音

ワンハーフ(全音と半音分)、2音、ダブルベンドなど。

 

 

ハーモナイズド、ユニゾンも あるのですが、

こっちは無理でした…。

 

トラックを分けなきゃ出来そうにありませんでした…。

 

ちなみにハーモはベンド音と、通常音で和音を作り、

ユニは同じ音程に合わせる奏法です。

 

 


注意点。

 

いきなり一段でベンドしても

「ウゥーン」って変化してくれるものもあれば、

 

ハンマリング(プリング)に切り替わってしまう音源もあります。

(これは波状にVelを書き込めば解決。)

 

また、ピッチベンドは

「その時点で流れてる音に対して効果がある」ので、

 

アルペジオの最中に使う場合は

単音に切り替えるか、トラックを分けた方が良いです。

 

アルペジオ中にベンドするような演奏は

たぶん無いと思いますけどね。(普通は音が止まるので。)

 

 

 

動画では出していない奏法。

 

出すほどでも無いなってことで、

ここに書くことにしました。

 

あくまで参考

ということでっ。

 

 

 

アーミング

 

チョーキングと同じく、ピッチベンドで作ります。

 

こっちに関しては「アップするか元に戻すかのチョーキング」と違い、

 

下げる方向に使うことが多いです。(※もちろん、上げる方も ある。)

 

 

ちょっとマニアックな表現としては、

「アーミングを使ったあとのピッチを少し下げた状態にしておく」

というのがあります。

 

アーミング後はチューニングがズレますので。

 

(ちなみに、しばらくギターが出番の意味で長めに休んでる場合は

 次に入ってくるまでにピッチを元に戻しておいてやると、

 「あ、チューニングしたんだなぁ」って演出になります。

 …さすがに細かいですね。(笑) )

 

 

 

ネックベンド

 

アームの無いギター(アコギ等、他エレキ)にも使える

アームっぽい奏法。

 

違いが あるとすれば、

「ネックベンドはダウンのみ」ってところでしょう。

 

アップは まだ聴いたことないです。

たぶん出来ないはず。

 

 

表現のポイントは、

あまり下げすぎないこと。浅めにすると それっぽい。

 

「実際の演奏でいうと折れてるよ?」ってレベルまでやっちゃうと、

ロックかもしれませんが、

打ち込みで かつ生っぽさという意味では不自然になってしまいます。

 

ロックなのは目の前でパフォーマンスとして見れてこそ。

 

 

 

ボリューム奏法 (ヴァイオリン奏法)

 

単純にボリューム操作です。

主にオートメーションあたりを使います。

(CCでもいけるかと。←Music Makerでは機能しないので注意)

 

Music Makerの場合は打ち込みに対してオートメーションは使えないので、

こういう場合は一度 書き出してしから行います。

 

 

 

スイッチ奏法

 

ギター側の設定で行われるトリッキーな奏法。

主にレスポール系のギターで見られるかとっ。

 

スイッチの どちらか片方のボリュームをゼロにしておいて、

演奏中に切り替える というアレです。

 

打ち込みでは

一度 書き出してからデータを ぶつ切りにすれば表現できます。

 


ちなみに、テレキャスストラトなどのタイプでは

あまり見ることは無い奏法です。

 

(ボリュームのツマミが一つだけなため

 切り替えによる音量のオンオフが出来ない。)

 

DTMにおいては、関係ないことかもしれませんが、

一応 表現の ひとつ ということでっ。

 

 

 

音色次第。

 

音源に左右される奏法。

単なる個人のテクでは作りようがないところ。

 

 

 

ミュート(ブリッジミュート)

 

音程のあるミュートですね。

 

これは当然「そういう音色」を使います。

(ただ、Music Makerには無い…。)

 

ボンボンとか、ペンペンとか

柔らかい音です。

 


ちなみに音程の鳴らない方のミュート

(カッティング、ブラッシングに使われる「カッ」の音)は

デッドと言うそうです。

 

コレはカッティングや、

ブラッシング、チョップに利用できます。

 

 

 

ハーモニクス

 

倍音だけを残して鳴らす奏法の一。

エレキに多く見られます。

 

たいてい 標準で 用意されてると思うのですが、
無い音源もあるので注意っ。

 

Music Makerではスライド同様、

テクニック欄とベロシティスイッチにコレがあります。

(アコギには無い)

 

 

 

ボトルネック

 

ポルタメント(音を滑らかに繋ぐ)

MIDIコントロールチェンジのポルタメントか、

 グライド(←音源次第) あたりで再現可能?」とも思いましたが、

 

あの寂しげな響きを思うと、専用のが必要でしょう。

 

ちょっとピッチを揺れさせつつ、

滑るような演奏が出来るのなら再現可能かもしれませんが、

 

瓶、ガラス筒、鉄筒など、

ボトルネックに使うものにも種類があることですし、

 

やっぱり音色は専用のが良いですね。

……見たこと無いんですけど。(さ…探せば きっとっ…!)

 

 

 

フィードバック

 

音色…または エフェクター次第かなぁ…。

 

DAW内付属のディレイを使って

擬似的にフィードバックを作ってみたりもしましたが、

上手くいきませんでした…。

 

サスティンしか伸びません…。

 

完全に、元の音源次第です。

 

 

 

〔演奏表現〕

 

非常に難易度が高いものと、

一番 難易度が低いもの。

 

 

 

コードストローク

 

音数は、5音を基本として作っておくと

だいたい上手くいく気がします。

 

たとえばローコードのGとか、低域側が近いので

5弦目のシとか(オク上にもあることですし)外しても良いと思います。

スッキリします。

 


発音タイミングをズラす。

ジャラーンなのかジャーンなのか、あるいはジャララーンなのか。

 


もちろんベロシティも忘れてはなりません。


ピックの当たり方を表現していくつもりで、

時には極端に、時には固めに、

調節していきます。


動画にも画像で載せてますが、

最初は斜めに、

ストロークの始まりから終わりまでのベロシティを

 

下ろすように描画しておくと、イメージしやすいかもしれません。

「ジャララーン」の状態です。

ここから発展させていきます。
​​

f:id:htmusmaker:20160921095939p:plain

 


「ダウンの場合は3弦、アップは4弦をピークにする」などのように、

各弦の調節をしていきましょう。

(ストロークタイプにより異なります。)

 

ジャンジャカまで出来るかは分かりませんが

もしやるとしたら、動画にも書きましたとおり、

 

・干渉(他の弦の音に影響されて鳴ってる状態。小さく鳴らす。)

・弾き始めと終わり

 

プラス、

ピーク位置の調節

あたりをしていけばそれっぽくは なるはずです。

 

 

 

動画には無い。

 

わざわざ動画にしなくても良いかな?

という思い半分、

 

「忘れてた」半分。←

 

 

 

アルペジオ

 

ギターの打ち込みで

もっともハードルが低い、易しめの奏法です。

 

特にコツってほどのものは無いんですが、

楽譜通りな感じで打ち込むんじゃなくて、

一音一音 伸ばして打ち込むと それっぽいです。

 

音源によっては、これだけでも充分それらしく聞こえてきます。

 


注意点は、「実際の演奏では鳴り続けない音の見極め。 」

 

これはギターでの演奏を知らないと

なかなか上手く表現出来ないポイントです。

 

もし本気でやるなら

チューニングとコードフォームは 必須知識。

(ネットでも探せます。)

 

かなりイメージしやすくなるはずです。

 

出来れば触れるくらいは しておきたいところ。

(一回触ったことがあるのと無いのとでは えらい違い)

 

音の長さを上手く操ることが出来れば

ホンモノさながらのアルペジオが打ち込めます♪

 


最後に

ベロシティで それらしく聞こえるところまで

音の強さを調節すれば、だいたい完了です。

 


あと他にやることがあるとすれば、

EQ処理でしょうか。

 

積極的には必要無いと思われる音源もあるので、

なんにでも通用するかは分かりませんが

 

主に中域をいじって胴鳴りの具合を調節してやれば、

Music Makerのアコギみたいな音でもスッキリしてきます。

 

<関連記事>

htmusicm.hateblo.jp

(※アコギの話)

 

 

高域はキンキンとした やかましさが出てくることもあるので、

上げるポイントには注意が必要ですが、

ここも音抜けに関わってきますので、調節することをオススメします。

 

低域は太さに関わってきますから、削りすぎは厳禁。

カッスカスになってしまいますからね。

 

 

注意点。

 

ちょうど良いポイントは音源により大きく異なります。

(ギターに限らず、どんな楽器でも共通。歌も同じ。)

 

 

 

以上。

 

ギター弾けないゆえに、

代わりとして伸びてしまったギター打ち込みの知識。

 

 

お役に立つことがあるかは分かりませんが…

 

立ててたら良いなぁ…♪

 

 

「ここまで手間をかけるなら自分で弾くっ!」

そういってギター打ち込みから手を弾く人達は

けっして少なくありませんが、

 

DTMerとして、難関のギター打ち込みはロマンですからね♪

 

遊びという形でやってみるだけでも

なかなか楽しいもんですっ。

 

勉強にもなりますしね。

 

 

 

はい、以上ですっ。

 

それではっ!

 

良いDTMerライフをっ♪

 

 

広告を非表示にする