読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

ギター打ち込み難易度順。

DTM 打ち込み

f:id:htmusmaker:20160925015637j:plain

 

 

 

 

打ち込みの最難関?ギターの難易度順っ。

​​

現在、DTM界隈の技術は めまぐるしいくらいの進化を続け、

ギターさえもホンモノさながらに打ち込めるようになってきております。

 

「これ一つあれば全然問題ないなぁ♪」ってくらいには、
どれも良質ですね。


<関連記事>

htmusicm.hateblo.jp

 

この記事は、それこそ こんな時代で

書くようなことでは ないのかもしれません。

 

ただ、使い分けか何かのヒントになれればなと

思う次第でございます。

 

 

DAW内 付属音源や、

フリーで頑張れる範囲で出来ることはないか模索するときにでも、

覚えておくと良いこともあるかと思いまして。

 

使える音源の幅も多少広がりますしね。

 

 

ただ単にアルペジオやるだけで

わざわざギター音源買うのもバカバカしいや

ってときとか。

 

役立つ…かもしれないっ。

 

 

音源を買う決め手とかにもっ。

(「ここまでは問題なさそう」とか、「ここからは音源じゃないと…」など)

 

 

 

難易度1 「アルペジオ

 

比較的、かなり再現が楽な奏法だと思います。

 

それこそ、ほとんど言うことないってくらい。

 


一応、よく言われてるのは

「音と音を発音させ続けて重ねとけ」みたいなのですね。

 

ホント、それだけです。

 


ただ、もちろん

ここにもテクニックはあります。

 


ちょっとマニアックなので…

初心者向け、いや、それどころか

ギター未経験だと厳しいテクニックなので、

 

なんかこう…紹介しづらいものがあるんですが…

 

ボクが よく やってるのは
発音の長さ調節による演奏表現です。


ノートの長さのことをデュレーションというのですが、

これを適切に操作できるかが、

良いアルペジオ、良いギター演奏に繋がっていると言っても過言ではありません。


実際にギターを触って体感したことがある人じゃないと、

この長さ調節は難しいと思いますので、あくまで参考程度に。

 

なんせ、このテクはフォームと弦の関係のことも計算して

はじめて使えることなので。

 

マニアックですけどね。

 

たとえ打ち込みってことが丸分かりな音源だったとしても、

相手を迷わせられるくらいには凝った演出に出来ますので、

 

"ギターを触ったことが有る人には"

ぜひ使ってみてもらいたいテクニックです。

 


ちなみにギターソロも似たようなところがあります。

 

フレット位置や弦移動、それぞれの音の鳴り方、伸び方、などなど、

かなり凝った使い方になるので、厳しいかもしれませんが、

 

相当「音源がチャチ…」とかでなければ、

かなりリアリティが出せるかと。

 

打ち込みのランクがググッと上がります♪

 

 

 

難易度2 コードを鳴らす。「パワーコード

 

ギターの低音側の弦を2本だけ鳴らして

ズンズンいわせるアレです。

 

エレキの話になりますが、

アンプシミュを使えば、たいてい上手くいきます。

 

ただ、やっぱりエレキなので、

音源の出来次第という厄介な部分もあります。

 

アルペジオはMSGS音源だって それっぽく なるので楽ですが、

ここからは そうはいきません…。

 

音源がマズいと強烈に歪ませたものしか使えなくなってしまいます…。

 


なので、簡単な方ではあるものの、難易度はアルペジオの上の2です。

 


テクというテクは無いんですが、

音源によってはコード間をスライドで埋めることが出来たりします。

 

小さく、さりげなく、サラッと入れておけば、
「お♪」と反応されること間違い無しでしょう。

 

ここの処理で一気にギター感が出ますからね。

 

 

 

難易度3 コードを…。「和音ストローク

 

やってまいりました最高難易度!

 

正直なところ、

これは頑張りようが無いと言ってもいいくらい難しいです。

 

出来て せいぜい弾き流し程度。


これをジャンジャカ言わせるのは至難の技です。

 

少なくとも、
音源の質機能本人のテクニック
それら全てが相当なレベルにないと厳しいでしょう。


当然ですが、「ギターを演奏したことがある」という経験も必須ですね。

(上手くなくて良い。せめて弾いたことがあるか どうか。)

 

 

おおまかには こんな感じです。

 

・まずノートを並べます。

ストロークタイプに合わせてベロシティ、発音位置をズラします。

・ノートの終わり際の長さを一本ずつ調整していきます。

 

こんなんです。

 


いやぁしかし…音源の出来次第ですね。


発音位置や終わりの長さについては

ここまでの流れの通りなんですが、


問題はベロシティです。

 

ここはモロ音源次第。

 

質が悪ければベロシティ差による質感の違いを出せませんから

音量だけが違う、機械感まるだしのストロークになってしまいます。

 

いわゆるベロシティレイヤーってところですね。

 

ただ、これが しっかりしてるような音源なら

ほぼ確実にストロークも機能に含まれてるはずなので

 

どちらにせよ、機能だよりになる部分かと。

 

ちなみにですが、今ボクが知る限りでは、

Studio one (現在はVer.3)の総合音源Presenceue内のギターでなら

ジャーンジャーン(アップ、ダウン)くらいは作れます。

 

刻みが早いのは試してませんが、

難しくはあっても、無理ではないかと。

 

参考までに。

(ちなみにstudio oneにはprimeというフリー版があります。)

 

<関連記事>

 ここの2番目に紹介してるソフトです。

htmusicm.hateblo.jp

 

 

音源について。

 

ここで書くのはフリーの話ですが、

音源は たくさんあるようで少ないです。

 

ブリッジ機能があるDAWソフトからすれば、

32bitも64bitも関係ないでしょうが、

 

そこが問題なくても、

「良質だ」と思える音源そのものが少数なんですよね…。

 

なかなか発見できないんです…。

 

ここにあるのは、ボクが知る限りで

ギリギリのモノ。

 

 

 

〔アコギ系〕

 

Ample Guitar M Lite II

​​

f:id:htmusmaker:20160909185843j:plain

 

Win64にも対応。

 

製品の機能制限版ってやつですが

コレをフリーで使えるってもう、スゴイ世の中ですねぇ…。

 

震えます。

 

圧倒的な質感と最高の機能 勢ぞろい!

「何を制限したんだろう?」ってなるくらい ボリューミーです♪

 

<詳細について>

htmusicm.hateblo.jp

 

 

〔エレキ系〕

 

Super Riff Guitar

​​

f:id:htmusmaker:20160925010347j:plain

 

Win 32bit

 

名前にもある通り、

良いリフを作れるギターってヤツです。

 

コレ単体では ちょっと頼りないですが、

アンプシミュを使ってやると なかなかのもの。

 

「Super」って名乗るだけありますよ♪

 

ただ、注意点としては、

あまりバッキングとかには向いてない

というところがあります。

 

完全にロックな、シンプル クール系リフ専用。

 

 

 

Suburban Guitarist

 

f:id:htmusmaker:20160925010537j:plain

 

Win 32bit

 

ベータ版だからか不具合もありますが、

 

DAWによってはクラッシュするとか。

 たとえば、Music Makerでは

 プログラムチェンジによる音色切り替えが上手くいかない。

 ※studio oneでは何の問題も ありませんでした。)

 

おそらく、現状フリーのギター音源の中で最強

 

素の音の出来さえ気にしなければ、

ここまで何でも有りなフリーギターVSTは他にないかと。

 

特にstudio oneでなら、

studio oneマジック(なんでか音質がちょっと向上する)により

少し聴ける音になってくれます。


(※ただし、studio oneの32bit版である必要がある。)

 

 

 

LP SG CustomCute Emily Guitar

​​

f:id:htmusmaker:20160925011750j:plain

 

f:id:htmusmaker:20160925011929j:plain



フリーのエレキギターVSTの中でも数少ない64bit対応!

 

…という理由だけで選んだ感も否めませんが、

音質クオリティだけは けっこうなもの。

 

それも そのはず!

 

実は これらの音源は

サウンドフォントが元になってる音源なんです。

 

いわゆる生音が元になってる的なヤツですね。

 

 

サウンドフォント内でも

高クオリティなエレキ音源というのは非常に少ないのですが、

この辺は特に珍しい部類かと。

 

 

ただ、この辺の音源には重大な欠点があります。

 

「奏法の少なさ」 と、「CCによる変化に耐えられない(?)」

というところです。

 

積極使用を思うなら、せめてサウンドフォントあたりが適当かと。

(特にkontakt用のCuteEmily)

 

 

 

以上。

 

今回はギター打ち込みの

難易度の話でした。

 

主にストロークで苦戦して

諦めるかどうか(専用音源を求めるかどうか)が分かれてきます。

 

あとの凝ったギター打ち込みテクについては

ちょっと長くなると思うので、

また別記事にて。

 

 

それでは♪

 

良いDTMライフを!



 

<関連記事>

 

広告を非表示にする