甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

アクセルの歌声に惹かれて「ガンズ・アンド・ローゼズ」

ブロマイド写真★ガンズ・アンド・ローゼズGuns N' Roses/メンバー5人・グレイバック

(※はてなの「Amazon画像」より)

 

 

 

 

 

友達の影響で聴いたのが最初。

 

ボク、あんまり洋楽聴かない人なので

いくら有名なのでも全然知らなかったりします。

 

 

このバンドも有名だと知ったのは

あとのことでして、

 

学生時代、

友人がカラオケで歌ってたのを聴いたのが最初でした。

 

 

今回は、聴けば聴くほど「また聴きたくなる」

そんなアクセル・ローズ氏の歌唱を

お勉強の対象として取り上げてみるー♪

 

いえー♪

 

 

 

メンバー 

 

いろいろ ややこしげだったので

現在のメンバーについてだけ

サラッと。

 

 

 

アクセル・ローズ

ボーカリスト

 

 

スラッシュ

ギタリスト。

 

ボーカルとは最近 和解したんだとか。

(曲に関する話で脱退してた時期があるとのこと。)

 

 

リチャード・フォータス

ギター担当。

 

 

ダフ・マッケイガン

ベーシスト。

 

 

デイジー・リード

キーボーディスト。

 

 

メリッサ・リース

キーボード。

 

 

フランク・フェラー

ドラマー。

 

 

 

好きになった曲っ。

 

せっかくなので4曲ほど。

 

ギターとボーカルの絡みが たまりません♪

 

 

 

Welcome To The Jungle

 

地下ライブの様子を切り取ったかのような

どこか客観的な印象を受ける曲。

 

何が言いたいかって言うと、

「カッコいい」ということ。

 

 

ちなみに、

カラオケで友人が 歌ってたという曲はコレのこと。

 

 

 

Sweet Child O' Mine

 

かなり好きなタイプの

ギターのトーンとメロディー(イントロ)が印象的。

 

最後の最後まで耳を離せないっ。

 

 

Patience

 

アコギ好きだからっていう

ただそれだけの理由なのが正直なところなのですが

 

ちょっと雰囲気が異なります。

特にボーカル「アクセル」の。

 

 

ボクはファンと言えるほど聞いてきたわけではないので

よく分からないのですが、

 

こういう感じで歌唱法を切り替えることも

よく やってきてたのかなぁ?

 

……と思ってたら後半でアクセル節が出てきます。

 

 

ふむ…

「高音に特徴のあるアーティスト」

ってことだったのか。

 

 

You Could Be Mine

 

「疾走感」なんて簡単に表すのは違うかもしれませんが、

だいたい そんな感じ。

 

ただガンズの場合はバイクやスポーツカーとは違い、

バギー的な雰囲気。

 

 

 

アーティスティックな歌唱「アクセル・ローズ

 

相当数、世界にはボーカリストがいるものだと思いますが

ここまでの人ってホントに一握りじゃないでしょうか?

 

特別 邦楽が好きというわけでもありませんが、

そんなに洋楽好きではない自分にも分かりやすい

 

「ワウの効いた、真空管のクサみがヤンチャな クランチギター」

って感じの

イカすボーカル…。

 

伸びの良い高音が また良い熱感があると言いますか、

ホントにカッコいいっ。

 

 

いっっちばん、はじめの印象は

「変な声」でしたけどね。←

 

 

 

ボーカルに大事なものを教わった気がする。

 

ボクは

歌に必要なのは

表現力覚えやすいことの二つだと考えております。

 

このうちの「覚えやすさ」が

ボーカル、アクセル ローズ氏の歌唱だと思います。

 

 

特徴的な その声は、ほぼ100%

ご自分で作り上げたオリジナルの歌唱スタイルでしょう。

 

「こだわりの一品」って書いちゃうと

料理っぽいですが、

なんか そんな感じっぽい?

 

 

 

※歌自体は

 聖歌隊時代に習ってたそうですね。

 

 

 ただ、今のスタイルに関しては

 偶然が きっかけだったみたい。

 

(シャワー中、甲高い声で歌ってたら、

それを聴いた友人らが気に入ったんだとか。)

 

 

 

終わりに。「来年の一月に24年ぶりの来日っ」

 

1993年以来なんですってね。

 

 

ただ…

 

ファンによると あくまで予定でしかなく、

来ない可能性もあるんだとか。

(忘れっぽいんですって)

 

そこまで期待するようなことでもないとかなんとか…。

 

 

そんな感じっ。

 

それではっ!

 

 

 

他の お気に入り邦楽については以下カテゴリにて。

洋楽