「良いメロディ作りたいならアホになれ」の巻

f:id:htmusmaker:20161201170437j:plain

 

 

 

 

アホになれば すぐ浮かぶメロディ。

 

何事も そうなんですけど、

狙って作ろうとしても、変に力みすぎて全然 はかどらないことのほうが

多いものだと思います。

 

いざ曲作ろうとしても「メロディは?コードは?」って…

 

学校の作文の書き出しみたいに、メッチャ困ることになるでしょう。

 

実際、ボクも そのタイプ。

 

 

しかし、ひとつだけ無関係に いつ いかなるときでも

自由に作れる作り方というのがあるんですよ。

 

 

それが「アホになる」

 

 

 

頭からっぽ でメロディをっ。

 

即興で歌詞も付けつつ、何か口ずさんでれば良い。

ただコレだけです。

 

 

それが出来れば苦労せんわっ!

と私は叫んだ。←君が否定するんかい。

 

まぁ、落ち着いて。

 

 

 

要するに、「詰まってしまう原因は何か?」って話なんです。

 

それさえ解決できれば、

蛇口をひねったかのように後は超スムーズってわけなんですよ。

 

 

憧れの玉置さんみたく、ポンポン曲が書けるように

なれるかもしれないってことですっ。

 

…玉置さんがアホになりながら作曲してるかは知りませんけどね?

 

 

 

作業が進まない原因を考えてみよう

 

作業が進まないというのは つまり

それに割く力の労力が上手く割り当てられてないという状態。

 

パソコンでいうと、メモリが足りてなくてフリーズを起こしてる

ようなものですね。

 

 

つまり、同時にやる作業の量が過剰なとき

この 作業がストップしてしまう現象 が起きてしまうわけです。

 

 

CPUという、単純な能力の方が どれくらいの性能であったとしても、

フリーズしてしまえば「出来ない」のと変わらない。

 

逆に言えば、

作業量さえ調節できれば、能力も ちゃんと発揮できる

って すんぽーです。

 

 

ニヤッときた そこのアナタ。

そうです。

 

 

ボクも今ニヤッとなりました。←なんでや。

 

冗談は おいといて…。

 

 

つまり「同時に やること考えることが いっぺんにありすぎる」と

アイディアの泉に栓がされてしまったように何も浮かばなくなってしまう

って話です。

 

 

だからアホになりましょう。

 

ひとつメロディを作ろうってたびに

「コードは何を当てよう?」「メロディのキーは?」なんて考えてたら

そりゃフリーズもします。

 

スケールや進行の理論等、いろいろ考えるのは あとでも出来るんですから

この最初の段階では とにかく自分を自由にしてやる のが大事。

 

 

PCの場合、あんまりアホになるとウィルス感染の危険がありますが、 

人間の場合は「バカは風邪ひかない」って言いますし←? 

作業が はかどるようになるというメリットだけが残るはずです。

 

 

 

具体的に どうアホになるか。

 

では いよいよアホになりましょう。← 

 

気をつけて欲しいのは常に録音できるものを持っておくこと。

 

そして何より、近くに誰もいないこと

 

この2点です。

 

 

方法は こんな感じ。

 

即興のアホ歌詞をノリノリで歌う。

 

 

……。

 

 

ハイ、コレだけですよ?←本人は いたって正気。

 

 

アホ歌詞というのが意味不明だと思うので例を挙げますと、

 

くるくるぱーでダンシンッオー、ナーイ♪」←

とか

 

ヒーローショーで仮面取れるぅー♪

 ダァン♪(ドラム)

 『あんた誰やねん(子ども視点のセリフ)」

 

とかっ!

 

 

注意点としましては、ただ即興に何も考えずに歌い続けるわけですが

アホ具合は常に

「某 世界のナベアツ氏の3のときレベル」をキープしなければならないところ。

 

ここまで やらないと頭が自由になってくれないと思います。

 

信じがたいかもしれませんが、

なんか めっちゃオシャレなメロディが浮かぶときだってあるので

けっこう真剣にオススメです ハイ。

 

こういう作り方してると、とりあえずアイディアに困りません。

 

 

ボクの場合は いつでも録音できる環境ってわけではないので

すぐに形に出来ないのが困るところですが、

実はプロの方でも やってるんですってね この作り方。

 

かの有名なB'zの松本さんのも、面白いです。

 

 

 

まとめ。

 

アホになれ。

 

これに尽きます。

 

 

作業の効率化の1として、参考までに♪

 

それでは。