読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

普通はここまでしない…。「仮メロパターンは作れるのか」の巻。

f:id:htmusmaker:20170304070501j:plain

(結論から書きますと、今回のパターン化は無理でした。

 しかし勉強になった点もあるため、

 その部分で楽しんでもらえるかと。)

 

 

 

 

仮メロパターン!

 

とうとうここまで来てしまったか…

ってなもんですね。

 

当の本人が一番 驚いてます。

 

 

「それくらい頭の中でインスピレーション働かせなよ」

ってね。

 

 

でも、結局メロディも

「パターンで組んで作れるんじゃないかなぁ?」

って考えたら…

 

なんか書かずにはいられなくなってしまいまして…。

 

 

今回も書いていきます仮パターン記事。

以下より。

 

 

 

モチーフ作曲とかいうのがあるらしい…

 

効率的、DTM的に早いメロディ作成の手は無いか

悩みつつ考えつつ、

自分で調べてみましたところ

 

モチーフ作曲というものがあると知りました

HTです どうぞ よろろしく。←

 

 

ええ、ええ、

まったく理解できませんでしたからっ。

(何故か誇らしげ)

 

 

まぁ、

それはそれとして…。

 

 

このモチーフ作曲というの、

要するに

似たメロディが続くことによる統一感…

 

うんぬんな話みたいです。←

 

そう、ざっくり言っちゃえば。

 

 

そして

これが また なんとも ややこしい…。

 

 

小節(部分)動機?

前後…強、弱…他にも様々な理論?

 

わっけわかりませんっ!

 

wikiの方はなんかもう理解できそうな気がしませんでした。

 

呪文なのか?

サタンあたりでも気軽に呼びつける感じ?←落ち着け。

 

 

でもなんか避けるのも違うかなぁと思うので、

分からないなりに推理します。←謎解き扱い?

 

 

以下より「たぶん こうなのかも?」的な

あやふやな話がちょっと続きますので、

正確性に乏しいと思いますから

 

全然飛ばして読んでくださって構いません。

 

 

 

ボクなりの「モチーフ」解釈(曖昧)

 

 

・モチーフ(動機)

 

2小節でないと成り立たない

というのは何となく分かりました。

 

後述の強小節、弱小節が

ここに関連してるはず。

 

 

周期や拍子、重心とかのワードが

ヒントになってましたね。

 

まぁ、推測なんですけど…。

 

 

 

ボクの解釈ではこんな感じ。↓

 

 

モチーフが1小節で成り立たないのは

拍でいうところの最初の一拍しか無いようなもの。

 

そのままでは強、弱の流れ、1小節内にある周期が掴めないため

不安定になる。

 

たとえば

強拍(1)「ドンッ」とキック

弱拍(2)(休符)

強拍(3)(休符)

弱拍(4)(休符)

 

とした場合、上の状態だと

最初の一拍目にしかキックのドンッが無いため

リズムの流れを理解させることは無理…

 

つまり、

「ノリは生まれない」ということが言えると思います。

 

 

モチーフにおいて2小節で作られる理由も

たぶん似たようなもので、

4小節単位で作られる流れを拍のように

 

強と弱それぞれの役割を持った小節を

流れの理解に必要な要素として

モチーフに組み込む必要がある

 

こういう感じなのでは無いでしょうか?

 

 

 

コレで間違えてたらもう無理です。

投げます。(笑)

 

 

 

「独立した楽想や何や」っていうのも

条件にあるみたいなんですけど、

 

パッセージとかいうのが

これと逆のことを指すんですってね。

 

スライド、グリッサンドとは別物なのかな?

このパッセージっていうの。

(ちなみにスライドやグリッサンドは奏法。)

 

 

だいたい似たようなものなんだとしたらモチーフは

単純に「メロディのことを指してる」

で済むと思うんですけどね。

 

理論として語るとなると そうはいかない?

 

 

※楽想…楽曲、メロのイメージ と解釈してます。

 完全に漢字から判断しただけ。

 

 

 

・部分動機

 

解釈どころかイメージもありません…。

 

モチーフの一部分

ってのを指してるんでしょうけど

これがホントに分からない…。

 

 

wikiなどで見かける

「動機(モチーフ)を二つに分けられるとき」は

動機のとこで触れた周期とかの流れが関係してる?

 

こっちの場合は小節内においての

強拍、弱拍を意識して

「二つに分ける」ことにしてるんでしょうか。

 

だとすると…

 

「ソラソ ラドミー」(「」内は仮に一小節とする)

「ソラソ レミレー」←この部分のこと?

 

 

これなら

休符のある無しを、

区切りと判断する、しないによらず

 

何を持って部分動機と呼ぶか

判断できなくも無さそうです。

 

 

とはいえ世の中広いものでして、

 

国内の曲だけでも「は?」ってなるほど

何処までがモチーフで部分なのか

分からないケースもありまして…。

 

 

もし この推測が正しかったとしても、

パターン化の参考情報とするには

自分には ちょっと早いかもしれない…。

 

 

とにかく、ここまでで分かったのは、

モチーフというのは

ひとかたまりのメロディのことであるということ。

 

その内、共通部分を残し、

多少変化した部分がある方のを、

「部分動機」としているのでしょう たぶん。

 

 

 

・強小節、弱小節

 

先にも触れましたが、

なんとなく

一小節内での拍の取り方みたいなアレだろうと解釈。

 

4小節周期って話を

作曲勉強時代に聞いたことがあるので、

これは まさにそれなんでしょう。

 

シンバルが1拍目になるみたいに、

小節で考えても1小節目に

シンバルって来ますよね、バーンって。

 

仮に2小節目にもあったとしたって、

最初の小節よりも弱く感じます。

 

 

 

小まとめ。

 

要するにがあるわけですな。

 

たとえばこんなメロディがあったとします。

 

 

ソ ラ(休符)ソ ラ ソー(休符)】

 (仮に1小節内と想定してます。実際は2のものを短縮。)

 

コレをモチーフと呼ぶ

とボクは解釈しました。

 

基本であり、核でもある、

ひとかたまりで成り立つメロディです。

 

(実際は2小節とされているので、

 1小節内のこのフレーズがモチーフと呼べるかは

 怪しいかもしれない…。)

 

 

 

コレに対して

もう一つのメロディが こっち。

 

ソ ラ(休符)ソ ラ シー(休符)】

 

先のメロディをとして、

それを基本に

「変化を加えて出来たもの」

 

そして型から考えて前半と後半に分けたものの

ソラシー部分

こういったモチーフの一部を指す場合、

 

これを部分動機と呼ぶと解釈しました。

 

 

そして先に触れた推測(強、弱と動機の関係あたり)を

ここに当てはめると、

 

メロディは小節単位、拍単位で考えても、

周期という流れの都合上、

 

強と弱の要素を持つ必要がある

ということが言えると思います。

 

 

専門家でも音大を出たわけでも何でもない身ですので、

的外れな部分もあるかもしれませんが、

 

ボクが思ったコレらの予想がもし当たっているのなら

これがメロディに流れが生まれる理由なのだと思われます。

 

 

 

となると作曲家は

周期を操りながら響きを合わせ、世界を表現する

感覚の支配者ということになるのでしょう。

 

 

…悪者っぽいな。←

 

 

しかし

聴覚という感覚へ訴えかけるアーティストという意味では

あまりズレてるとも言えないかも?

 

 

少し面白くなってきました。

 

 

なんか魔法使いになれそう。←

 

ボク雷系が良いです。←

自家発電して節約できそう。←理由よ…。

 

 

 

仮パターン化に向けて、

このまま続けます。

 

 

 

つまり、2と2の4小節がパターン?

 

強と弱を当てはめながら考えると

どうあっても2と2になるはず。

 

だいぶメロディのことが掴めてきました。

 

 

しかも間に休符が挟んであっても

効果的な、意味あるモノでさえあれば、

モチーフ内の一部としてカウントされるみたいです。

 

 

となればパターンとしてやるべきことは

範囲の指定ですね。

 

もしMIDIパターン化が無理だったとしても

コレが出来れば

考える範囲が かなり狭められるというわけです。

 

 

しかしコレだけだと

本当にパターン化は難しそうです。

 

 

なんせ「2と2」という、

狭められつつもパターンにするにはまだ曖昧な、

微妙な壁がそこに残ったままだからです。

 

 

たとえ、アウフタクトとか

そういうのを除外するのだとしても、

 

モチーフってズレることもありますもんね。

 

 

ボク、B'zの「スイマー」好きなんですけど、

コレたぶんそうですよね。

 

アウフタクトで、ここに一つ弱があって、強拍。

小節で考えても二つ またいでます。

 

どちらにしたって

こういうケースまで仮パターンでカバーできるのか

ちょっと分からなくなってきてしまいました。

 

 

さすがにリズム、コードと違って

「流れのメロディ」

 

パターンという型をあてるには

まだ煙を掴もうとするような感じがあります。

 

 

 

※小節数が変わるケースについて。

 

必ずしも4小節ルールのままとは限りませんよね。

 

 

ビートルズの……

何の曲かは普段

洋楽をあまり聴かないので忘れてしまいましたが

 

なんかの曲で、奇数小節のものがあるんだとか。

 

 

クラシックにもあるみたいです。

 

 

となると、コレは一つの手法

表現方法と言えそうですよね。

 

 

わざわざ4小節という周期をプロ自ら破るのですから

不協和音やアヴォイドノートが そうだったように、

何か意味があってのことなんだと思います。

 

 

二つ例を挙げて書いてみたいと思います。

(4小節周期と考えた場合で)

 

 

 

・3小節の場合。

 

つまり4小節という周期で考えれば

一つ飛ばしというわけですね。

 

これは「急いでる」という印象を

持たせたいときに使われそうです。

 

 

 

・5小節の場合。

余分なものが くっついてる状態。

 

となると、これは

「もったいぶってる」みたいな

そういう印象を与えるために使われそうです。

 

 

 

こんな感じでしょうか。

 

他には

拍子が変わったり、

6小節になってたりすることもありますよね。

 

 

実を言うとボクも、サビ前くらいになら、

9小節目やら5小節目やら

足すことがあります。

 

特別何か意識してたってわけでもなく、

ただ何となくやってただけなのですが、

 

今思うと自然に

「わざともったいぶらせたい」みたいな思いが浮かんで

そうしてたのかもしれません。

 

 

ここは表現者次第のところ

と考えて良さそうですね。

 

つまり編曲用。

 

DTMならば紙と違い、

後から すぐに編集できますから。

 

 

 

何を持ってパターンとするか…

 

いよいよパターン化の話ですが、

コレが悩みます…。

 

 

モチーフというで考えれば良いのか

それとも範囲の中での位置で考えるべきなのか。

 

 

やっぱり「型」で見た方が良いのかなぁ。

 

 

「位置」は どうにも

掴みどころがあるようで無いんですよね。

 

 

あと、音程に関しては決めようがないため

どうしても仮パターンでは

メロディ、フレーズ性は持たせられない。刻みも同じ。

 

まぁ当たり前ですね。

 

 

アレ?

仮パターンにする価値あるコレ?

 

 

 

まとめ。パターンは見えたけども…。

 

仮メロMIDIパターン化は出来そうにありませんね。

 

純化は出来たと思いますが、

わざわざMIDIにして置いとく意味が

無くなってしまいました。

 

 

主に こんな理由です。

 

・音程、刻み等は無視することになる。

 …同音を同じペースで鳴らし続ける的な。

 

・位置よりも型の方がパターンにしやすい。

 …しかしシンプルすぎる。頭に記憶で充分なのでは?

 

・仮にMIDI化を強行したとして。

 …組み換え等にむしろ時間が かかりそう。

 

 

というわけで、

結論。

 

メロディはパターンを作って決めてしまうと

かえって編集に手間がかかるようになってしまう。

 

今となっては頭の中で済ませて作った方が早い。

 

 

こんな感じです。

 

 

モチーフあたりのところが大丈夫か心配ですけど

せめて「分かりやすい」とか

「考えるきっかけになった」とか

 

そういうものになれば、

曖昧なまま書いた身としましては、

救いでございます。

 

 

とにかく、

自分は こういう解釈で作曲していこうと思います。

 

 

アホになることもままならないときとかにも

活かせそうですしね。

 

考えて作ってみるのも全然アリなはず。

 

それではっ!

 

 

 

<仮パターン集>