読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

IK Multimediaから圧倒的なベース音源「MODO BASS」

DTM 音源

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
MODO BASS - The first physically modeled electric bass

(IKの記事っ。)

 

 

 

 

 

こんなベース音源、他に知らないっ♪

 

数々のリアルな楽器音源を見てきたつもりでしたが、

今回のは ちょっと一味違うっ…♪

 

 

DTM界(?) は情報が早いので、

もう「知らない」という方は おられない頃でしょうが、

ボクなりに記事書いてみましたっ♪

 

 

ちょっと楽しみですよぉ?コレ、いやホントに…っ♪

 

 

 

素晴らしいと思ったポイントまとめてみました!

 

商品化されたときに

消えるものとか、変わるものがあるかもしれませんが

 

今見た段階で「ここが素敵」と思ったポイントを

一つずつ書いてみますー♪

 

 

 

・プリセットにグラフィックイメージ!

 

楽器のこと分からない者(ボク) からすると、

音を鳴らすまで分からなかったイメージが

 

これによってスパッと得られるようになるわけですね♪

 

 

実際の音色選択時に どのような影響があるのかは

まだ分からないところですが、

 

少なくとも楽器に詳しい人からすると

(いや、詳しいなら音色名だけで探れるんでしょうけど…)

まぁ~~楽でしょうね。

 

 

 

・現在 選択中の音源に軽い詳細情報が!

 

英語ですけど、

たぶん商品化される頃には日本語も選択可能?

 

その辺については期待するしか ありませんが

これ面白いですよねぇー♪

 

 

 

ピッキング位置だけじゃないっ!ピックアップも!

 

ピックアップのカスタマイズも出来るというのは嬉しいですねぇ。

 

ベーシストからしてみれば

オリジナルベースのサンプル案 的な感じで利用できたり?

 

実際は どんなもんなのか分かりませんが、

モデルのことだとか そういったもろもろのポイントから見るに

参考には なりそうです。

 

 

打ち込み専門の身からすると、

「面白音源」の一言ですけど。

(浅いヤツで すみません…。)

 

 

 

・弦の年齢?

 

古さ…かな?

なにやら、それが選べるようです。

 

これは素晴らしい♪

 

 

多少使い込んである弦の方が

落ち着いた音を出してくれるので、

 

アコギ音源とかだと

そこが かなり困るポイントだったんですよねぇ…。

 

弦が新品(たぶん…)だから、

やたらキンキンなんですもの…。

 

 

こっちはベースですが、

深いベース愛を感じる この機能っぷりから察するに

 

開発に関わってる方の中心は

絶対ベーシストだと予想!

 

 

 

・アンプまで付いてるっ!?

 

いやん。←?

 

ベース用アンプまで来ましたかぁ♪

 

しかもイメージが これまた洒落てますねぇ♪

 

その辺のアンプにオマケ的についてる

ベースアンプエフェクターとは

やっぱり違うんでしょうなぁ……♪(ふふふ)

 

 

 

・リアルタイム・モーダル・シンセシス

 

音楽情報サイト大手の ICON様の記事。

 

もはやホンモノと大差なくなってきましたなぁー♪

 

スゴイ技術ですよ これ。

 

 

言葉の意味が よく分からなかったので調べてみたんですが

モーダルは「形式・形態」

シンセシス「合成」

 

とのことっ。

 

 

つまり、えっと…

リアルタイムにモーダルをシンセシス?←シンセ素人でゴメンナサイ。

 

モデリングした……計算?

それらをリアルタイムで合成していくみたいなもの

って解釈でオーケーかなぁ?

 

これによって、

同じノートが続いても わずかに違いが出て再生されるとのこと。

 

まさに生楽器を弾くかのごとくっ!

 

 

 

早速 評価が高い「MODO BASS」の音質。

 

サンプリングではなく、モデリングとのことですが、

いわゆる

デジタルっぽさが無くて良いみたいな評価っ。

 

 

これは もう、

泣き叫びつつ、大回転してタイフーン起こすような赤子だって黙る。

(それ ただの妖怪)

 

 

 

<デモ動画っ!>


MODO BASS Jam - Stephan DeRaine

 

 

MIDIキーボードでの演奏というのも

ポイントとして あるでしょうが、

 

ベースの どこか丸みある低域が

単なる再現とかではなく、

弦の振動さえも感じ取れそうなほど生々しい気がします。

 

 

また、

シンセなりに打ち込みっぽい音色への対応もしてるっぽい?

(途中、打ち込みらしい音に変わる場面があるので。)

 

 

幅広い音源ですねぇー♪

 

 

 

分からなかったので!「フィジカル・モデリング」とは?

 

ものすごく ざっくり言うと

シンセサイザーですよ」っていう。←

 

 

物理モデリングとも言うんですってね。

 

平たく言うと、

音だけに注目したシミュレートではなく、

 

たとえばベースなら

材質とかの、音を出す各要素の部分を計算して

音を再現し、作ることなんだとか。

 

 

はぁー。←分かってるのか どうなのか…。

 

 

なんか、高性能なリバーブみたいなものなんだろうか?

 

あれも壁の材質とか高さ、広さ

いろんな要素をシミュレートして作れますもんね。

 

 

それの音源版ってこと?

 

シンセって難しいけど、

…スゴイなぁ。←これしか言えない。

 

 

 

「フィジカル モデリングって重くないの?」

 

これに対してIK側のツイートが出てましたので追記っ!

 

 

とにかく軽いらしい。←よく分かってない。

 

「計算にかける負荷が重くなって…」みたいな心配は

ないということで良いのでしょうか?

 

 

 

まとめ。ベースに詳しくなれる音源?

 

そんな期待があります。

 

正確には、「きっかけになる音源」

って感じでしょうか?

 

 

いやぁ、スンごいのが出てきたなぁ…。

 

 

ボクからは今のところ、以上ですっ♪

 

それではぁ~♪

 

 

<参考になる記事>

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
島村楽器デジタルガジェット情報発信サイト、デジランド。新製品ニュース「究極のフィジカル・モデリング・ベース音源 IK Multimedia MODO BASS 登場!さっそく試してみた」のご紹介。

 

 

 

<関連したい記事>

 

「ベースの打ち込み勉強記事」

 

広告を非表示にする