読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

〔ロートタム〕フリーVSTi「Royotoms」トコトコトコぉ~♪

音源 DTM

f:id:htmusmaker:20160913150933j:plain

 

 

 

 

トコトコ流れるパーカッション。

 

windows(32/64bit)とMacに使える

VSTAU対応のプラグイン

 

 

三段階の質感変化(ベロシティ差によるモノ)と、

音源内で1キーごとに当てはめられたタムの

音量、パン調節が可能な音源。

 

 

ロートタムというのが何なのか、正直

さっぱり分からないのですが、

 

何か珍しいのでダウンロードしてみました

HTです どうぞ よろしく。←

 

 

 

ロートタムとは どんな楽器なのか?

 

MAXTONE スペースタム 6インチ 8インチ 10インチタム仕様 スタンド付属 RT-68B

(※はてなの「Amazon画像」より)

 

なんか、

イメージと だいぶ違いましたっ。

 

 

こんな、金曜ロードショウくらいでしか見かけそうに無い

テープみたいな楽器とは思いませんでした。

 

音源の方をよく見れば

確かに こんな感じ。(膜みたいなのが張ってあるとこ)

 

 

胴がない打楽器で、音量が小さいのが特徴。

枠を回転させて音の高さを変えられるんだとか。

 

 

 

使用アーティスト。

 

邦楽内では

BOOWY

レベッカ

 

洋楽では

Pink Floyd

ロジャーテイラー

 

 

チラッと登場するだけのものもあれば、

代名詞的な存在になってるドラマーさんも。

 

 

 

機能について。

 

パン処理できる音の数は8つ。

 

Dynamic たぶん音圧のこと。

 

Reverv
 ・Time 持続時間
 ・Level 量

 

Master 全体のボリューム

 

Gain 増幅

 

Punch 「んん?」ってなりましたが、たぶんパワー感。メリハリ的な。

 

 

 

以上。

 

パーカッション…の部類なのかな?

 

ドラムに取り付けられてたりすることもあるから、

ちょっと位置付けが分かりませんけど

 

 

カッコイイということは よく分かったっ。

 

 

問題は どうやって曲に合わせていくのか…ですねぇ。

 

使用アーティストらのことから察するに、

バンド向けっぽい感じがするので、

90年代的バンドを中心に勉強していってみようかなぁ。

 

 

傾向としては

クサみのある音楽に愛されてる印象。

 

 

ピンク フロイドのTimeのイントロみたいな

ロディアス?な使われ方から、

 

BOOWYのように、

やんちゃに乗り回されたバイクの吐き出す熱のような曲調の中で

カツンとリズミカルに鳴らすのもカッコイイ。

 

 

いやぁ、こう考えるとボクって、

ホントに基本的な楽器のことしか知りませんでしたねぇ…。

 

この楽器に関しては昔に流行った楽器ということで、

自分には無理もないところだったかもしれませんが、

 

とにかく、今回は良い機会でした。

 

 

この楽器を通して

聴いたことのない曲にも出会えましたしね。

 

 

以上ですっ。

 

それでは。

 

良いDTMライフをっ♪

 

 

<関連記事>