〔コンプレッサー〕 音質キープ!フリーVST 「TDR Feedback Compressor II」

f:id:htmusmaker:20160914162615j:plain

 

 

 

 

フリーVST「Feedback Compressor II」  

 

windows(32/64bit)とMac 両方に対応。

(Macのみ、AUフォーマットにも対応。)

 


ステキなVSTを開発することで有名なTDRのコンプレッサーです。

 

フィードバック式ということで

なんのことやら…って感じでしたが

まぁ、とりあえず音質を落とすことなく圧縮出来るとのこと。

 


つまり、

スゴい コンプレッサーなのですっ!

 

 

モノラル用とステレオ用で、二つセットになってます。

 

 

 

使い方。

 

スゴそうな感じでは あるものの、

実際のところは普通のコンプレッサーと ほとんど変わらない感じですね。

 


いきなりからでも問題なく使っていけると思います。


「音質を劣化させないで圧縮うんぬん…」とのことなので

主に調整の難しいもの(2MIXなど)や、

「どうしても音質をキープしたい」というときに使うのがベスト。

 

(例 BUSトラックで まとめたドラムとか) 

 

 

 

機能。 

 

よく見るものについては省略します。

 

 

青いとこから。

 

Peak Crest … 二種のリリースの切り替えのタイミングを決められる。

リリース … PeakとRMSの二種類がある。
         普通はRMSの値を大きくして自然なリリースを作る。

 
ちなみにRMSとは耳で聞いたときの音量の印象のこと。

「人の耳は瞬間的な音量変化(True Peak)に反応できない」というやつです。

 

 

Peak RATIO LIM … レシオの上限。この値より上に音量が いかないようにするリミッター。

 

 

  

左の黒いとこ。

 

SIDE-CHAIN HP FILTER

 サイドチェインとはAにかけたエフェクトをBにセンドで送って

 そのBに合わせて かける手法のこと。

 

たとえば

ベースに直接かけたコンプを(サイドチェイン機能を有効にして)

センドでキックに送る(送り量は最大)と、

 

よくある電子サウンド的な

「ウワァアア」って感じのキック&ベースになります。

 

ここではHP(ハイパス)のフィルターということで

高域だけを通し、低域をカットする機能になってるようです。

 


SLOPE

 HPの坂の角度くらいの解釈で良いと思ってます。

 カットの仕方です。

 

 ゆるい坂にして下ろすのか
 急に下ろすのか。

 


SIDE CHAIN STEREO DIFF

 SideChain Stereo Difference の略。

 

 ステレオイメージを崩さないためのエフェクト。

 ちなみにDifference は「違い」という意味。

 

 

 

まとめ。実際に使うときの注意。 

 
トラックごとには

普通のコンプレッサー(DAW付属のもの等)を使用するとして、

 

BUSトラックで まとめたものとか 、

マスターに対して使う

というのが一番良いのではないでしょうか。

 


少なくとも多用するのには向きません。

 

あまり考え無しに たくさん使ってたら

studio oneでさえ悲鳴を上げるくらい重くなってしまうので。

 


基本的に5つ使ったら崩れ始めます。

(それ以上になると、再生もままならないほどに乱れだす。)

  

 

どうしても それ以上 使いたいときは

ECOモードという質を下げるモードがあるので、

これをオンにしてから使うと、だいぶ負荷が軽減されます。

 


ただ、これだけ凝ったエフェクトですから、

それでも使い過ぎは禁物です。

 

 

せいぜい7~8個ちょっとが限度かと。

 


ここぞってときに使うのが、

TDRプラグインの使用のコツですね。

 


高性能ゆえにある難と上手く付き合っていきましょう♪

 

 

それでは!

 


良いDTMライフを♪

 

 

<関連記事>

『コンプレッサー』

 

『フリープラグイン