読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

鶏そぼろとスクランブルエッグの相性は やはり最高という話

音楽勉強 研究

酒悦 鶏そぼろ 80g×12個

(※はてなの「Amazon画像」より)

 

 

 

 

HTは「あわせ方 次第」が1上がった。

 

ドラクエみたいな感じ。

 

ちなみにHTが やったことあるのは「8」です。

 

 

それは ともかく鶏そぼろっ!

 

 

 

給食で ごくまれに

卵と そぼろの ご飯……あったっけ?

いや、無かったか…。

 

弁当の類には あったはずっ!

 

 

ただ それも甘いっちゃ甘いですよね そぼろ。

 

なんなら玉子の方も甘めだったりする。

 

 

 

鶏そぼろは単体で買うと甘いだけだった。

 

鶏そぼろが なんか懐かしくて

買って、ありったけ白飯にかけたんですよ。

 

そしたら これが

ものごっつ甘くてですねぇ…。

 

「あれ、こんなはずは…」という汗が体中から…。(苦笑)

 

 

それも かぼちゃみたいな甘さっ。

 

ボク、

かぼちゃダメなんですよねぇ…。

 

 

ボクは基本的に

甘い野菜とかは どうも好きじゃありません。

 

 

「美味い」と「甘い」は必ずしも繋がるわけではない

ってことですなっ。

 

がっはっはっはっはぁー♪(笑)

 

 

 

スクランブルエッグに混ぜてみることで解決。

 

そんな そぼろですが、

スクランブルエッグにすると

その甘みが美味しさになって変わることが分かりました。

 

実際に そういう調理法があるのか 無いのかは知りませんが、

食とは面白いものですねぇ♪

 

 

 

組み合わせの力!曲では?

 

音楽も また面白いものでして、

交わらなそうなジャンル同士での融合は良く見かけますよね。

 

タイプが違いそうなものとも、

近いルーツを持つもの同士とも。

 

 

「これはどうなのかなぁ」って楽器も、

使いどころによっては高級だからも貧弱だからとかも無い。

 

適材適所なる見極めさえ出来れば

DAW内にあるものでも、フリーのものでも

良い曲が出来ないってことはない。

 

これまでにフリーやDAW内のモノに こだわり続けて感じた

実感です。

 

 

ただ、経験値というのは必要でしょうねぇ。

 

 

鶏そぼろとスクランブルエッグに関しては、

鶏そぼろと同じ感じの小粒になった玉子との ご飯弁当を知ってたから

 

スクランブルエッグ(味付けなし)と合わせれば

絶対美味いだろうと確信できたように、

 

 

音楽も また、

どれだけの理解が当人にあるか次第で、

曲の質は左右されるというのが よく分かります。

 

 

 

音楽において、もっと知らなくちゃいけないこと。

 

ボクが未熟者なのは経験値の無さでしょう。

 

 

「どれと どれを どんな形で合わせれば どういう結果になる」

というようなことを

もっと実験すべきなのかもしれません。

 

 

ジャンル混ぜにおいては、

何よりボクに必要な感覚というのは、

 

「そのジャンルが どういう表現をしているのか」

また、「その核にあたる要素は何なのか」

 

このあたりだと思います。

 

一種の素材と考えた場合の

混ぜ合わせですね。

 

「ジャズと○○で、フュージョンみたいな。

 

 

これはある程度の予備知識と いくつも曲を聴いていれば、

ボクでも どうにかなるかもしれません。

 

ただボクが知るべきなのは現在の曲だけじゃなく、

それこそマイルスとか、ブキャナンなど、

あるいは もっと前の方々の曲も

 

ボクは聞くべきなんだと思う。

 

 

出来れば、

原点とか知れるものなら知りたいくらいですよね。

 

 

R&Bに関しては歴史(変化)を濃く追う必要がありそうですが、

 

自分の好きなジャンルからでも、

追っておきたいところ。

 

 

 

音源やら そういうものの選び方に関するセンスにおいては、

より難解になっていきそうですが、

 

コレも曲をたくさん聴くことでしょう。

 

 

「音に対するイメージと連想」

最近ボクは、コレがキーになってると考えております。

 

ストリングスやブラスにしても、

どういうジャンルで使うかで、

良質、いや最適と言われる音源が違ってきます。

 

その辺の目利きならぬ耳利きが未熟なボクは

まだ この手の楽器を取り入れられないんですよね。

 

使っても浮いちゃうんです。

 

 

ピアノひとつ取ったって、

 

プロならトイを選ぶであろうところを

ボクはグランドを選んでしまう

 

なんてこともあるでしょう。

 

 

 

適切を判断できるようになるには、

曲を聴く、実践する、などの経験が必要。

 

鶏そぼろに教えられました。

 

 

ボクが向かうべき道が、

少し見えてきた気がしますっ。

 

それではっ!