読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みシンガーソングDTMer HT

「分からない…」の終着駅(建設中)

DTMerの「打ち込みギターの音作りを考える」の巻

f:id:htmusmaker:20161115191056j:plain

 

 

 

 

なんだかんだでデジタルはデジタル。

 

そのまま打ち込みギターをアンプシミュに通したくらいじゃ

生音っぽくなりません。

 

サンプリングで作られてるような

近年の有料エレキギターでも

多少、作り物感ありますよね。

 

 

個人的に、

Real LPCは買って正解だと思いましたが

それでも少々厳しい部分があります。

 

なかなかアンプシミュだけでは

上手くいきません。

 

 

生ギターだと そんなこともないんですけどね。

 

 

前回 書いた

「フリーのアンプシミュレーターまとめ」

で触れたアンプシミュも

 

生ギターに使ってる分には

そんなに悪くなかった気がするんですけど

 

打ち込みモノには あまり良いもんじゃなかったかもしれない。

 

やっぱりデジタルである打ち込みモノには

アンプ前か後か、

それなりの処理をしていかなくちゃいけないんでしょう。

 

 

たぶん、生の場合でも同じ。

 

 

 

というわけで今回の お勉強は

「打ち込みギターの音作り」です。

 

以下より。

 

 

使用する音源は

ボクがSynth1を使って作成した「デジタルギター」です。


 

 

「やっぱりギターといえばっ!」

 

アンプに通したエレキの音といったら

あの鳴りですよね。

 

真空管から出た あのクサみのある音色っ。

 

これをまず付加しなくちゃ始まらないでしょう。

 

 

となると、必要なのは

アナログ系のエフェクター

 

 

ボクが分かる範囲では

こんなところ。

 

・アナログEQ

・アナログコンプ

・サチュレーター

 

あとはチューブスクリーマーみたいな

歪ませる系のやつくらい?

 

 

これらのうち、VSTで何か それらしいの

探してきてみました。

(アカウント管理が大変なので登録不要なものに絞るっ)

 

 

 

・アナログEQ

 

luftikus

f:id:htmusmaker:20160918233225j:plain

Win32/64bit Macそれぞれに対応。

 

ボクが知る限り、

64bit対応のアナログEQと言えばコレひとつ。

 

なんと言っても旨みが出るのが お気に入り♪

 

 

<参考になれば良いなぁ的 記事>

 

 

・コンプレッサー

 

Rough Rider

f:id:htmusmaker:20161115124054j:plain

 

ちょっと前に32bit版で見かけたことはあったんですが、

よく調べると64bit版も…っ。

 

まさか64bit版があるなんて思いもしませんでした…。

 

クリーンギターに使えるという話です。

「Just a Touch」が合う?

 

 

<参考になれば良いなぁ的 記事>

 

 

・サチュレーター

 

IVGI

f:id:htmusmaker:20161115124314j:plain

 

サチュレーターの類ってコンプなどのダイナミクス系と同じく、

ホントに変化の差が微妙なんですよね。

 

だから使ってても よく分からないんですけど

 

評価が高いらしいのと64bit対応という理由でコレっ。

 

 

 

オマケ

 

マキシマイザーですが、

アナログと言えばコレも忘れられません。

 

LoudMax

f:id:htmusmaker:20161029020942j:plain

win64bit mac対応です。

 

本来の使い方とは違いますが、

アナログ感 出せるなら なりふり構いませんともっ♪

(ドヤァ)

 

 

 <参考になれば良いなぁ的 記事>


 

 

アンプについて。

 

アンプの種類ごとにある性格とかも

把握しておきたいですね。

 

きっと参考になるはずっ。

 

 

聞き分けられるほど実機に関する知識も耳も無いのですが

何も知らないボクが思いつく範囲でっ

以下より。

 

 

 

Marshall

 …歪が温かい。クリーンも得意。

 

MARSHALL MS-2 ミニアンプ

(※はてなの「Amazon画像」より)

 

VSTでフリーの中だと、

ヘッドの方ですが

「HyBrit Head」がマーシャルみたいなんだとか。

 

win32/64bit mac対応。

 

 

あと、登録が必要なものでは

NIの「Guitar Rig」が ありますね。

 

「Jump」が そうみたい。(フリーでも使える)

 

 

それから、

Line6の「Pod」にもマーシャル系のあったはず。

(後述のFenderも)

 

 


Fender

 …クリーンが明るくてキレイ と評判。クランチも。

 

Fender フェンダー ギターアンプ CHAMPION 20 100V JP DS

(※)

 

32bitのものでは

「SoftAmp FM25」といったものがあるようです。

 

ただ64bitは見当たりませんでした…。

 

 

 

Vox

 …太い音。中音域に特徴がある。ブリティッシュ系とも聞く。

 

VOX ヴォックス コンパクト・ギターアンプ 10W Pathfinder 10

(※)

 

VSTに名前は見当たらず。

(少なくとも個別では ありませんでした。)

 

 

 

Roland

 …クリーンがキレイ。音が固いと表現されることも。

 

ROLAND JC-40 ギターアンプ

(※)

 

これもVOXと同じく…。

 

 

 

こんなところでしょうか。

 

まったくアンプの知識を持ってないボクにとって

「名前だけは知ってる」という種類のものを挙げてみました。

 

Marshallがボクの好みド真ん中って感じでしたねぇ♪

 

熱感が良いです♪

ちょうどVSTがあって良かった。

 

 

ただ、

VOXやローランドは無いっぽいですね。

 

キャビネットシミュで読み込むIRでなら

見かけないこともないんでしょうけど

それだってマーシャルとフェンダーくらいって印象…。

 

 

個別じゃなく、いろいろ使えるタイプのでは

「Amplitube」など ありますけど

流石に製品版でしたね。

 

 

フリーだったら「FreeAmp3」とか「Guitar suite」

「Shared Suite」などの有名どころも

あったにはあったんですが、

 

studio oneで使える64bit対応のモノは

一つも見つけられませんでした。

 

 

あっても

有名じゃないのとかだったら

 

ほぼ間違いなく

ウィルス・不要なモノを無断でインストールさせられる

などの問題が ありますので

 

これが限度かと。

 

 

 

とにかくHyBritが お気に入り。

 

 

 

いざ。どうやって音作りするの?

 

3段階あります。

 

 

本格的にアンプシミュで音色を作る前の

「下ごしらえ段階」

 

アンプシミュ等での

「音作り段階」

 

アンプシミュ後、曲との

「ミックス段階」

 

 

このうち音作りは

「ミックス」を除いた2段階になります。

 

いざっ!

 

 

※細かい設定の話まで触れてしまうと

 ややこしくなってしまうと思うので、ここでは止めておきます。

 正解 不正解は無いって言いますし。

 

 

 

下ごしらえ

 

まずはEQとかCompとか そういうのですね。

 

チューブとかサチュレーターとか そういうのも使って

ライン録りのギターらは

「ラインっぽさ」を消すみたいです。

 

真空管だとか何とか言いますね。

 

 

「デジタルギター」とか

その辺の ちょっとした打ち込みギターも

コレで多少はデジタルっぽさを薄められそうかな?

 

 

ただ、EQやコンプらは

気持ちいいように作っていけば

それで良いと思うんですが、

 

問題はサチュレーターとかチューブ、

テープシミュレーターの類ですね。

 

「単なる意図的な劣化」って解釈で良いのかな?

 

 

 

とにかく この段階でのポイントは

アンプシミュに通したときの太さ かせぎ

ということになるんだと思います。

 

 

プラス、

デジタル感(ライン録りならラインっぽさ)を抑えるために

 

アナログ感を付加して

アンプシミュの馴染みを良くし、

 

音作りが上手く進むようにする意味があるんでしょう。

 

続けます。

 

 

 

音作り

 

詳しい作り方については

好みの問題があるということで省きますが

 

雑誌にあるようなモノを試してみても有りだと思いますし

プリセットでも問題ないでしょう。

 

 

ここでは豆知識なるものをひとつ。

 

 

インプットが小さいものに

Driveで(いわゆる歪み量)思い切り歪ませると

平坦になるっぽいです。

 

ボクの音作りが おかしかったのは

コレのせいだったんでしょうねぇ。

 

 

 

逆にインプットを大きめにして

Driveを そろっとかけると

「聞いたことあるぅ~♪」な音になります。

 

 

完全に間違えてたっぽいですね。

 

音量不足と下ごしらえが不出来だったのが

ダメなところでした。

 

 

 

機能を ひとつずつ洗いながら

アンプというものを考えてみると

 

歪みというのが どういうものかってとこで

今回の話に行き着けるんですけど、

 

いやぁ、ダメですねぇボクは…。

 

 

 

以上です。

 

だいたい こんな感じですね。

 

 

アンプについて軽く補足を入れると

 

「だいたい時計で言う0時くらいのところを目安に

 調整していけば それっぽくはなる」

 

と言います。

 

 

あとは、何目的か

といったところでしょうか。

 

 

たとえば、

ソロの類なら中域のメロディ域を目立たせた方が良いでしょうから

Midを上げるとか、

 

単にドンシャリ設定で行くか。

 

 

これらを基本に作っていけば

少しはボクも様になった音作りが出来るようになるかなぁ?

 

 

こんな感じですかね。

 

 

「何かのギターを再現してみる」

とかにチャレンジするのも

良い勉強になるかもしれませんっ。

 

勉強ついでにやってみよー♪

 

 

それではっ!

 

 

 

…余談ですが、

アンプシミュを重ねてみるのも

案外おもしろかったので報告しておきますっ。

 

(アンプシミュはstudio oneのAmpireです。

 ただ、重いアンプでは厳しいので注意。)

 

 

広告を非表示にする