甘噛みシンガーソングDTMer HT

ゲームやBGMに歌モノまでマルチに音楽がしたいDTMerの音楽勉強記

DTM入門!フリー作曲ソフトDominoの使い方

 f:id:htmusmaker:20161001202524j:plain

 

 

フリー作曲ソフト「Domino」

 

DTM入門に うってつけ。特に "打ち込み" に強い。シンプルさと意外な補助機能がウリの作曲ソフト。ボクが最初に使ったDTMソフトでもあります。


DSの大合奏バンドブラザーズだとか、文字で曲を作るサクラだとか、そういう類のは 経験あるんですけど、どれも完全に遊び用でしたし、一歩進んで本格的に という意味では、これが最初のこと。

 

(ちなみにボクがやってたバンブラ

大合奏バンドブラザーズDX

 

オススメする理由。

 

ごちゃごちゃしてないところ。打ち込み一本のソフトですからね。オーディオ録音の機能は持ってませんが、DTM入門と呼ぶに ふさわしいシンプルさは初心者にピッタリかと。「あれこれ機能が詰まってないことによる触りやすさ」ですね。

 

変に機能が多いと把握に時間が かかるし、そのせいで なかなか制作に入れないのはマイナスでしょう。えっ?音質?何のことやら…。(手間は かかるものの、変えられないことはない。オススメは しない。詳細は後述、音源の欄にて。)

 

使い心地について。

 

凝ったことをしたい場合は ある程度 楽器のことDTM知識等、内容に応じて求められるものが増えてくるかと思いますが、このソフトで やる分には、どれも打ち込みの範囲内

 

エフェクターの使い方が どうのと疲れる要因は無いので、一点に集中してれば良い感じ。音色の幅も広くないのが逆に良いですよね。良いに越したことはないんですが、迷わされる要素がないのが強みとも言えます。

 

音色の質感的にはMSGSゆえ…って感じ。

 

さすがに良い音ではないです。ただそこを問題としないのであれば「何をやっても まとまる音源が揃ってる」という強みを持ってるとも言えるかと。粗末ではありますが幅はあります。統一感ってわけですね。

 

苦しむとすれば「〇〇な音質イメージで…」みたいなときでしょうか。「浮かべてるイメージとの不一致が気になって制作に没頭できない」という壁に ぶつかるかと。そこもまた、MSGSですから…。割り切れるなら強いです。

 

 

Dominoは そういう沼から逃れ、頭パーにして制作に集中できるため、入門~初心者に向いていると考えられます。

 

機能について。(一部の紹介)

 

難しいものは無いと思うので わざわざボクが書くことなんて無いかなぁとも思ったのですが、魅力ポイントということで。チラッと。

 

DominoはフリーDTMの話題が挙がるたびに「打ち込みやすい」「もう離れられない」と評判ですからね。

 

打ち込みにどこまで求めるかによっても変わるでしょうが、便利な機能について、以下より。

 

環境設定

 

右上端に工具マーク的なのがあります。

f:id:htmusmaker:20161001203040j:plain


それをクリックすると設定画面が出てきます。MIDI-outをクリックして、音源を指定していきます。

​​

f:id:htmusmaker:20161001203911j:plain

 

画像では、デバイスの方にMicrosoft GS Wavetable Synthとあり、音源定義ファイルはGSm(Micro……SW Synth)が設定されています。これで音が鳴るようになります。

 

<関連記事>

 

初心者に優しいヘルプ機能。

 

f:id:htmusmaker:20161001204034j:plain

対象の説明が出てきます。機能の名前が出るだけでしかない一般的なヘルプと違い、簡単な解説があるのが嬉しいところ。

 

たとえば、こんな感じ。「モジュレーション」の場合。

​​f:id:htmusmaker:20161001204423j:plain

説明には 「ビブラート効果」とありますが、隣の()内で書いてあります通り、音程での変化とまで解説があります。普通のDTMorDAWソフトでは読みしか書いてないものですが、使用効果まで書いてるのは かなり珍しい部類かと。

 

ちなみにビブラートには音量変化(ブラス等)とピッチ(音の高低・音程)での変化(ギター、他弦楽器等)の2種がありましてModulationは「音程で音を揺らす方」となっております。

 

こういった話を簡潔に分かりやすく、ヘルプで表示してくれるソフトって、そうそう無いのではないでしょうか?

 

音色の設定について。

 

変更は こちらから。 

f:id:htmusmaker:20161001204958j:plain

左側の色とりどりな文字が並んでるところの上の方にあるプログラムチェンジ(PC)というところから。画像のような画面が開きます。わりとMSGSいろいろあって初めのうちは幅に困ることはないかと。質感は…まぁ……。←

 

打ち込み。

 

基本的には鉛筆ツールでやります。打ち込んだノートを消したい場合はノートの上でダブルクリック。※ちなみに右クリックは打ち込む前に その音程を視聴できるところ。


複数選択ツール。​

f:id:htmusmaker:20161001205212p:plain

鉛筆ツールの隣にあります。(□の。) これで切り替えます。この機能を使うと、選択した範囲のノートをいっぺんに上下左右に移動させることが可能になります。(もちろん削除も可能。)

 

TickクォンタイズとGateクォンタイズ。

​​

f:id:htmusmaker:20161001205331p:plain

「16分…」と書かれてるところの右側のところ。音符マークとノートのマークがある四角ボタン。それぞれノートの位置長さに関わる機能なのですが これらの機能を切っておくと自由に位置や長さを変えることが出来るようになります。

 

「演奏表現に関わってくる重要なもの※」なので絶対に覚えておきたい機能です。

 

※短くキレよく音を鳴らす表現や、めいっぱい音符の指定した長さ分 発音させる場合など、そういった音符の設定された長さ(8分や16分他…)に限らない微妙な加減。スタッカートやレガートなども その一種。様々な応用がききます。

 

「トラックセレクトペイン」

​​

f:id:htmusmaker:20161001205608j:plain

トラックセレクトペインというのは左にトラックの一覧を表示して、それぞれに移動できるようにする機能です。画像では一番左側に出てるトラック一覧が それ。めっちゃ楽です。

 

「オニオン」

​​

f:id:htmusmaker:20161001205813j:plain

 

オニオンは指定したトラックの打ち込んだノートを表示してくれます。これによって音の ぶつかり素早く確認することが出来ます。いちいちトラックごとに移動しながら確認する手間が省けますので楽ですねー♪

 

単体の独立した機能として出てるわけではないのですが、DAWソフトのキーエディタでも、一応 似たようなことが出来るので、ここで覚えておきたいっ。

 

スライス機能。

 

全音符で入力したものを指定したタイミングの位置でカットしてくれる機能。

 

ジャンジャカが簡単に打ち込める。

​​f:id:htmusmaker:20161001210037j:plain

これとストローク機能(ギターでいう弾き下ろし・上がりの音並び)を合わせれば、あっという間にギター弾きです。

 

ただ、これだけだと まだまだ不自然ですので、アップダウンで音のバラつき方をもっとバラつかせて使い分けたいところ。

 

【関連記事】studio oneでの話ですが、打ち込みの参考に。 

 

 

トランスポーズ

 

リズムトラック以外の楽器のノートを簡単に移調(キーを変えてくれる。)してくれる機能です。​​

f:id:htmusmaker:20161001210241j:plain

曲全体と設定していれば全部のトラックに対して適用してくれます。

 

また、ノートを範囲選択ツールで囲ってるときはトランスポーズ設定画面側では「曲全体」の下にある「選択範囲」に変わっており、選択したノートに対してのみ移調が行われます。

 

描画ツール・各機能

f:id:htmusmaker:20161001210532j:plain

画像の下のところにあります。(Velocityのところ)コレは良い機能です。※画像は「直線」を選択してる状態。


以下、ツールの種類。

f:id:htmusmaker:20161001210711p:plain

画像の消しゴムとかある列の、一番左側から順に。

  • フリーハンド(角丸四角内のグルグル)…書きたいように。
  • 直線…まっすぐ線を引く。
 
  • ゆるやかな曲線…ゆるい。

f:id:htmusmaker:20161001210944j:plain

 

  • 上がってくる曲線

f:id:htmusmaker:20161001211254j:plain

 

  • S字曲線…「くねっ」て。

f:id:htmusmaker:20161001211545j:plain

 

  • ランダム…バラバラです。

f:id:htmusmaker:20161001211720j:plain

 

  • 選択範囲に直接書き込む。

f:id:htmusmaker:20161001212012j:plain

 

  • 表示切替…オンにすると四角いのが付く。

f:id:htmusmaker:20161001212235j:plain

左がオンにした状態。右が切った状態。オン時はマウスで調整するときに 触りやすい。オフはフリーハンドのとき見やすい。

 

  • 範囲選択…選択します。
  • 消しゴム…消す。
  • 「間隔設定」…曲線を滑らかにor荒めに。(※)

※数字が小さいほど滑らかになります。

 

 

 

選択枠とノートの当たり判定


環境設定の全般(3)で設定できます。

f:id:htmusmaker:20161001212610j:plain

キッチリ発音位置まで含めて全部囲わないといけないようにするかノートに選択が かかったら良いようにするかの違い。

 

打ち込み補助機器としてMIDIキーボードを。 

 

DTMは単純作業という、制作と少し異なる領域のものをどれだけ効率的に済ませていけるかが勝負となっています。たとえばドラムのパターンを4小節打ち込むだけでも

手打ちだと相当クリックします。

 

コピペと、機器を駆使するのとで効率化するとこまでがDTMでの音楽制作ってイメージです。マウスだけでも出来ますが、果てしない作業量に泣けてきます。

 

【関連記事】 

 

 

終わりに。作ってみました。

 

以前ボクが作ったものです。当時はMIDIキーボードを持っておらず、手間のかかるマウス打ちでの制作でしたので、それぞれ短いながら かなり疲れたのを覚えています…。

 

この失敗から言って、やっぱり楽しく制作をするためには効率化が重要ということで。参考になれましたらっ。


こんな感じ。

 


こっちはギターを うにゃうにゃ言わせてます。5秒程度の、曲ですらない試し打ち的なヤツ。 繰り返しますがマウス打ちでDTMすると いちいち描画ツールを切り替えなくちゃいけないので この5秒でもまぁたいへんです。いやホント。

 

肝心の音の方が全然ギターっぽくないので なんかアレですけど、PC内蔵音源のMSGSだからということでっ。音源が違えば 多少は 聞こえ方変わってくるはず。

 

ボクからは以上です。それでは、良いDTMライフを♪

 

<関連記事>