甘噛みシンガーソングDTMer HT

ゲームやBGMに歌モノまでマルチに音楽がしたいDTMerの音楽勉強記

打ち込みギター。難易度順に整理してみた。

f:id:htmusmaker:20180105184942p:plain

 

 

 

打ち込みギターを難易度で分けてみた​​。

 

現在、DTM界隈の技術は めまぐるしいくらいの進化を続け、様々な楽器がホンモノさながらに打ち込めるようになってきております。製品だと特に楽ですね。音作りや打ち込み面で手間が かかりません。

【関連記事】

 

とはいえポンポン買い足せるほど気軽な値段ではないので、なかなか音源買い足しにまで気が回らないこともあるでしょう。となると残るは付属音源とかで済ます方法になりますね。今やDAWソフトの付属音源でさえ それなりのギターが打ち込める時代。

【関連記事】

 

とは言いましても単体で売られる専用音源と異なり、総合音源内に付属する音源ではどうしても機能上ハードルがあります。

 

今回は studio one3(Pro)を例に、ギターの打ち込みテクを難易度別に紹介、および その攻略について触れていきたいと思います。以下より。

 

 

難易度1 「アルペジオ~単音弾き等」

 

かなり再現が楽な奏法だと思います。それこそ、ほとんど言うことないってくらい。一応、よく言われてるのは「音と音を発音させ続けて重ねとけ」みたいなのですね。ホント、それだけです。

 

一応のテクニックとしましては、発音の長さ調節による演奏表現が挙がるでしょう。分かりやすいところで言う、スタッカートやレガートですが、他にも「粘りを出す」とか「キレよく」だとか抽象的な演奏表現があります。


MIDIで言うノートの長さのことをデュレーションというのですが、これを適切に操作できるかが、良いアルペジオ、良いギター演奏に繋がっていると言っても過言ではないかと。

f:id:htmusmaker:20180423111216j:plain

このテクはフォームと弦の関係のことを計算して使うので、少々マニアックかもしれませんが、上手くやれば奏者イメージさえ浮かぶほど効果絶大かと。ちなみにギターソロも似たようなところがあります。

 

フレット位置や弦移動、それぞれの音の鳴り方、伸び方、重なり方などなど、かなり凝った使い方になるので、案外 凝りだせば厳しいかもしれませんが、相当「音源がチャチ…」とかでなければ、かなり生っぽさが出せるかと。

 

打ち込みのランクがググッと上がります♪

 

 

難易度2 コードを鳴らす。「パワーコード

 

ギターの低音側の弦を2~3本だけ鳴らしてズンズンいわせるアレです。和音の類になってくるとアルペジオやソロと違って一気に難易度がハネあがります。

 

だいたい一般的なのは「発音タイミングをずらす」の類ですね。ダウン、アップの流れを理解して…的な。あとは音源のキースイッチの話に移り、かつ その音源は有料というのが お決まりのパターン。「やはり課金なのか…」みたいな。

 

一応 付属音源でも それなりのことが出来るので、この記事では そっちを紹介しますっ。

 

ストロークの書き込みについては次で まとめて紹介します。

 

 

 

難易度3 「ストローク

 

やってまいりました最高難易度!弾き流し程度なら わりと どうにでもなりますが、これをジャンジャカ言わせるのは ちょっとコツが いります。

 

まず、例として【完成版】を。

音作りについては無し。シンプルに打ち込んだだけです。有料音源ほどのクオリティでは無いかもしれませんが、けっこうアコギっぽく聞こえなくもないかとっ。ポイントに分けてみました。

 

かき鳴らしパターンを作る。

f:id:htmusmaker:20180105180747p:plain

アクセント(赤丸)になるところは ずらし方を狭めて音をまとめ、その他の強調しないところ(緑丸)は幅を広げさせます。とぎれないようにノートを次の発音まで伸ばすのも大事。

 

和音を一組に、強弱をつける。

ひとつの かき鳴らし内容を一組としてベロシティを設定。一本ごとの設定も必要ですが そこは音源のベロシティレイヤー次第。

 

 

この2点でしたら だいたいの音源で使えると思います。ベロシティによる音色差っていうのは音源によりけりですし、機能次第では使えないテクだってあります。

 

以下はstudio one 3(Pro)での例。【完成版】の音源と同じ内容のを作る場合の話。

 

 

かき鳴らし音を混ぜる。

上でも紹介したパワーコードでのこの記事。PresenceXTの音源にはキースイッチやPlayFXがあって、それらを駆使すると けっこう簡単に良いプレイが作れるのでオススメ。

 

なかでもストロークには欠かせないのが かき鳴らし音。ダウン、アップの順で上へ割り当てられております。

 

関連記事の方でも触れてますが、エレキですと こうなります。

ベタ打ちで こんな感じ。生っぽさが違います。非常に単純で済みますので、参考として。

 

番外編。ギターダブリングの注意点。

 

簡単に言うと同じ音源を使ってダブリングしていれば、いくらベロシティやグリッド、音作り等で差を付けようが分離よくはいかないし むしろ気持ちよくない音になるという話。

 

過去のボクの失敗例から。どんなことが起きるか。

17~18秒頃。

 

ようはサイドにちょいと設定をバラけさせた同一音源による演奏をダブリングで鳴らしただけで何のエフェクターも使ってないのですが、めっちゃウネってますね。

 

これは、おそらく位相のズレによるものなんだろうと思います。ベロシティやクオンタイズがバラけてようと、結局は同一音源。同一音色が鳴るわけですから、分離感が悪くなる「打ち消し」が起きてしまってるものと思われます。

 

今のところ「同一キーで同じ音を鳴らさない」とかの対処がされてる現代製品ギター音源でも、やはり同じくウネってる気がします。ダブリング機能も効果なし。やはり本数分 異なるギター音源から鳴らすのが一番かと思います。分離感から変わります。

 

以上。

 

今回はギター打ち込みの難易度の話でした。

 

ほぼほぼ「studio one3どうですか」みたいなのが見え隠れしてる気がしなくもないですが 付属音源だからといって反射的に たいしたことないと思う必要はないという話。案外 しっかりしたのが打ち込める素質を持ってるかもしれません。

 

 

奏法や より深い詳細については省きましたが そこは また別の記事にて。 

 

それでは♪良いDTMライフを!