甘噛みシンガーソングDTMer HT

ゲームやBGMに歌モノまでマルチに音楽がしたいDTMerの音楽勉強記

【studio one3】付属音源PresenceXTで簡単ギター打ち込み

f:id:htmusmaker:20171229141720p:plain

 

 

※studio one3 Professionalでの お話です。

 

 

PresenceXTで出来るリアルなギター打ち込み

 

studio oneの付属音源の質については意見が分かれるどころか

むしろマイナスなイメージの方が強いみたいですが

わりと万能なので 気に入ってるHTです。

 

付属でありながら奏法のバリエーションが けっこうあるんですよね。

簡単なギタープレイであればPresenceで十分なのかもしれないです。

 

というわけで今回はstudio oneのPresenceXTで やる

ギター打ち込みの話。

 

 

 

単音は問題ない。けどストロークになると…。

 

ギターソロとかは けっこう簡単に こなせるものだと思います。

特に触れるような話はありませんね。

 

スライドのバリエーションを増やすためキースイッチのレガートを利用する

などの話ぐらいしか浮かびません。

(半音下とかグリッサンドとか、微妙なスライド表現の拡張ってヤツです)

 

キースイッチなしを前提に打ち込むことを想定した

ギター打ち込みの記事を以前書きましたが、

ここまでしなくてもスイッチ類を活用すれば案外ギターって簡単なんです。

 

 

難しいのは やはりストロークでしょう。

最難関ですね。

 

逆に言えば ここをクリアできるだけで

打ち込みギターの壁は無くなったも同然。

 

今回は その壁をstudio oneと共に壊していきますっ!以下より。

 

 

 

ベタ打ちの時点で差をつけられる!

 

例として2パターン用意しました。

 

ひとつは

キースイッチ対応のギターだったら だいたいこんな感じになるだろう

と思われる打ち込みのパターン

 

もうひとつは、Presenceで出来る、あるテクを使ったパターン。

 

 

まず ひとつ目が こちら。

 

一般的なギターの打ち込みパターンとしては だいたい こんな感じかと。

どうにも薄く、打ち込み感あふれるプレイですね。

 

多くは ここで頭を抱えることになるかと思います。

 

 

続いて ふたつ目。

 

ギターっぽいと呼ぶには まだ遠いかもしれませんが、

一気に「っぽさ」が増したと思います。

 

MIDI画面は こちら。

f:id:htmusmaker:20171229121303p:plain

上部に注目です。

 

使用音色はGuitarのStratocaster Full

PresenceのギターではC6~C#7までストローク音が収録されておりまして

上の画像では それを重ねております。

 

たったそれだけでベタ打ちのギターがワンランク上になるので オススメ!

 

カッティング、ストロークの質がグン上がりかと♪

 

 

【アンプ使用の場合】

狙った音だけが鳴る単音弾きトーンを そのまま使うより、

やはり こういった かき鳴らし音があるのと無いのとじゃ全然ちがうかと。

 

同じパワーコードを打ち込むのでも、質だけじゃなく、

演奏としての太さが異なります。

 

studio oneユーザーは ぜひ お試しあれ。

 

 

 

以上。

 

オマケとして、バンドアレンジしてみたもの。

 

ドラムはMT Power DrumKit2を。

ベースとギターはPresenceXTから。

 

studio oneの音源も悪くないですよね♪

ちなみにアンプもstudio one3のアンプです。

 

 

studio oneユーザー…また、

studio oneを検討しててかつ、ボクのように打ち込みギター派の方の

参考になれましたら幸いです。

 

 

今回は短く、これだけです。

それでは、良いDTMerライフを♪