甘噛みシンガーソングDTMer HT

ゲームやBGMに歌モノまでマルチに音楽がしたいDTMerの音楽勉強記

フリーVSTシンセのsynth1でギターとベースを作ってみました。〈遊び〉

f:id:htmusmaker:20180103123635p:plain

 

何となく作ってみたギター&ベース音色♪

 

前回の記事。

 

あれから調子に乗って、素人ながらドラムなり何なり作ってたHTですが、何を思ったか、既に いろんな音源があるピアノやら生ベース、ギターまでも作ろうと いじり倒しておりました…。

 

で、なんかベースのスラップっぽい音できたなぁ…と思ったところっ!ちょちょいっと何か触った段階で「あれ?アコギじゃね?」ってなったのが今回の始まり…。

 

様々な音、Synth1の得意分野などなど…数ある音の中で どうして この分野を選んでしまったのか当のボクでも分からない。←

 

本物感というよりは、どこまでもシンセサイザーで、決して たいしたもんじゃありませんが、ただただ何となく記事にしてみますっ。初心者ですので配布はしてませんが、流れは以下の感じ。 

 

ギター(アコギ系と、エレキ系+2)

 

アコギっぽいイメージで作ったジャカジャカと弦っぽい感じの音色と、クリーンエレキなタイプを基本とした数種の奏法(※)対応の音色。(※デッドやパームのミュートにハーモニクスもハンマリング プリング等も)

 

そんな感じになっております。

 

だいたい打ち込みギターとしては一般的な奏法は一通りできる感じ。無駄に幅がきく仕様となっております。←

 

ちなみに、これは後で気づいたことなんですが、アコギ音色をそのままエレキとして使っても別に問題ないんですよね…。←アコギとエレキ分ける理由が無かった…。

 

アコギ系

 

f:id:htmusmaker:20161125203158j:plain

 

操作したところは赤枠内。紫の線は「いじってない」の意味です。

 

KeyShiftを24(最大)まで上げたらハーモニクスっぽくなります。……ただの高音ですけど。←

 

synth1内のアンプとフィルターのディケイを ちょっとずつ下げるとパームミュートっぽくなります。

 

エレキにも共通しますが、wheel/MIDIのとこで選択したMIDI CCに「osc mix」を割り当てるとピック位置の表現に。

 

デモ

 

タンバリンとアコギ(synth1)の2トラック。フリーのモデリング系の音色には近い程度じゃないかなぁなんて思ってたりします。リアルとはいかないシンセ的なギター音。

 

エフェクターはリバーブとディレイだけ薄く かけて あります。それ以外は作ったままの音です。(音源側の設定を少しだけ いじりはしました。ディケイとかmixあたり。) 

 

エレキ系

 

f:id:htmusmaker:20161125231102j:plain

画像の解説はアコギのときと同じく。

 

対応してる奏法は こんな感じ。

 

「ピッチベンドで操作可能」(幅12)

 

 

「別プリセット」

 

以下、参考画像。

 

〔デッド〕

f:id:htmusmaker:20161126014651j:plain

 

〔パーム〕

f:id:htmusmaker:20161126014748j:plain

 

 

 

ピッキングハーモニクス

f:id:htmusmaker:20161128161230j:plain

 

このハーモニクスに関しては、アンプも何も通さないで聞くと「なんだこの2重構造は?」って感じるかと思います。しかし、コレがポイントっ。

 

このデジタルP.ハーモ二クスは、弦の鳴りと原音の残り」を表現した低いトーンと、

高音のハーモ二クス部分、この二つを合わせることでピッキングハーモ二クスの あの響きを それっぽく再現してるというものなのですっ。

 

こんな感じ。

本物は伸び具合と言いますか、広がりっていうのか、そこまでのクオリティでは無いかとは思うんですけど、「デジタル的」というテーマで言えば、有りっちゃ有りかと。

 

〔ピックスクラッチ 

f:id:htmusmaker:20161116162113j:plain

レギュラーチューニングの一般的なギターで言う6弦のミと5弦のラの2オクターブ上くらいから Pitch Bendで下ろして使います。

 

※2音でやるのは「1音だけ鳴るってことは無いだろう」という理由。別に1音でも良いと思います。ちなみに2音でやる場合は聞かせたい方のVelを60くらいにして、もう一方は20ほど差をつけると干渉っぽさが出てそれっぽい♪

 

こんな感じ。  

※アンプシミュ使ってます。

 

エレキベース

 

ベースに関してはパームミュート作りませんでした。なんか似たようなもんだなぁと思ったので。アンプシミュ通すと なかなか聴ける音になります。

 

大きなポイントになってるのはkey shiftです。-12に設定しました。

あとはAmpとFilterのディケイあたりの微調節ですね。

 

フィルターの方はサスティンを7にして、frqを時計で言う、0時と1時の間頃に設定しました。これで だいたいベースの音です。

 

f:id:htmusmaker:20161105175901j:plain

 

 

スラップは こんな感じ。AmpとFilterのディケイ、resと、それからオシレーターのmixをいじるくらいです。f:id:htmusmaker:20161105175914j:plain

 

ギターとベースを使って。デモ曲。

 

ドラム以外はSynth1「デジタルバンド!」

 

生楽器と異なり、デジタル的な音の具合が また別種の味わいを持っていると信じたい。←

 

ちなみに作っといて何ですけど、たぶん このプリセットを使う機会は もうない。←

 

以上。

 

デジタルとテーマにしてるだけあってアナログっぽさを出すのは厳しかったわけですが

いやシンセサイザーとは面白いですね。

 

今回は ただの遊びでしたが、それによって気軽に行えましたし、ためになったなと思います。ここから徐々に やれることを広げていきたいですね。

 

それでは♪